AppleがLiquidMetal(液状金属)とサファイアガラスを使うモバイル製品製造技術で特許を取得

次の記事

Firefox OSのデベロッパ向け標準参照機Mozilla Flameが170ドルで予約受付を開始

Appleが今日(米国時間5/27)、LiquidMetalとの独占ライセンス契約を更新した。そしてAppleInsiderによると、同社はこの、プラスチックのように振る舞う相当風変わりな合金を、サファイアガラスなどガラス製のディスプレイと組み合わせて使う技術に対し、特許を認められた。この特許は、ディスプレイをLiquidMetal製のデバイスケースに溶接する技術を記述しているので、未来のiPhone、iPad、そしてiWatchの外殻はLiquidMetal製になるのだろう。

この特許によって、Appleが将来の製品に実際にLiquidMetalを使うんだな、という感触がよりはっきりしてきた。次に出るiPhone 6でサファイアガラスが使われる、という噂は前からある。AppleはGT Advanced Technologiesと協働してサファイアガラスの大量生産プラントを国内に作るつもりだ。ということはもちろん、この素材を将来の製品で使うということ。サファイアガラスはとくに、擦過耐性がきわめて高い。Corning製のゴリラガラスよりも、擦過に対して強いのだ。

LiquidMetalは、iPhone 5など、これまでのiPhoneで使われると噂されていたが、実現はしていない。すでに軍用や医療用では実用化されている素材であり、一部の消費者製品にも使われている。プラスチックよりも強度があり、すり減ったり、腐食したりしない。それでいてプラスチックのような弾性があるので、弾力のあるボールベアリングが作られたりする。消費者電子製品では、製造工程を効率化するとともに、消費者製品の寿命を延伸する。

サプライチェーンからはまだ何の音沙汰も漏れてこないから、次のiPhoneでLiquidMetalが使われることはないだろう。でもAppleがこの技術に本腰であることは、あらためて明らかになったし、しかも特定の(具体的な)素材がからむ特許まで取得している。サファイアガラス+LiquidMetal製品の開発が、着々と進んでいることは、ほぼ確実である。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在204人フォロワーがいます。