iOS%208%20SDK%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%83%87%E3%83%99%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%91%E3%81%8CA7%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B9%E6%A9%9F%E8%83%BD%E3%81%AB%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9--iPhone%2FiPad%E3%81%8C%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%A9%9F%E4%B8%A6%E3%81%AE%E8%BF%AB%E5%8A%9B%E3%81%AB

iOS 8 SDKではデベロッパがA7ハードウェアのグラフィクス機能に直接アクセス–iPhone/iPadが最新ゲーム機並の迫力に

Appleは今日(米国時間6/2)のiOS 8の立ちあげに併せて、このモバイルオペレーティングシステムのための数々の新しいデベロッパツールをリリースした。その新しいiOS SDKをAppleのCEO Tim Cookは、“App Storeのローンチから今日までで最大のリリース”と呼び、APIの新設や更新が4000以上もあることを誇示した。

中でもとくにデベロッパが気に入ると思われるのは…新言語Swift以外では…、Appleが”Metal”と呼ぶ機能だ。デベロッパが、A7プロセッサのグラフィクスやコンピューティングなどハードウェア機能に直接アクセスできること、そういうライブラリというかAPI集のことを、Metalと総称している。同社によると、Metalを使うことにより、グラフィクスや計算集約的な処理におけるオーバヘッドが減り、マルチスレディングの効率も上がり、iPhoneやiPadにおけるグラフィクスの速さと迫力は最新のゲーム専用機と肩を並べるものになる。これにより、描画のスピードは、iOS 7を1とすると、iOS 8ではその10倍になる。

IMG_0235

主に2Dや3Dのカジュアルゲームのデベロッパ向けに、SceneKitが新たに提供され、また既存のSpriteKitには、力場やピクセルごとの物理計算や逆運動の計算が加わる。

今日は大方の予想通り健康アプリがローンチされたが、それに併せてHealthKitというものがローンチされた。これを使うとデベロッパは、自分のアプリとAppleの健康アプリとのあいだで、データを交換できる。

IMG_0163

このSDKの大きな目玉には、スマートホームデバイスを作ってそれにiOSと通信をさせたい、というデベロッパのためにフレームワークHomeKitが含まれる。また大量のデータ伝送やデータの保存をクラウドを使ってやりたい、というデベロッパのためには、iCloudの無料のAPI集とも言うべきCloudKitが提供される。なおHomeKitに関する詳細な記事がここにある。

IMG_0226

CloudKitでAppleは、クラウドをベースとするバックエンド市場に参入するが、ストレージもAPIも無料という点が、既存のサービスと違う。容量制限は、クラウドストレージ1PB、データベース10TB、一日のデータ伝送量5TBだ。どんなアプリでもサービスでも、またユーザがどれだけ増えても、これだけあればとりあえず十分だろう。

IMG_0232

Extensions:
今日の発表でとくに目立った機能が、アプリの拡張機能Extensionsだ。これによりさまざまなアプリが、ほかのアプリへのインタフェイスを露呈することができる。この機能は、サンドボックスに入れられて安全が図られる。この拡張機能を使って、たとえばメールと写真編集アプリとのあいだで写真をやりとりできるだろう。Safariも、この拡張機能にアクセスできる。AppleのCraig Federighiが今日行ったデモでは、Safariの中からBing Translateを呼び出して翻訳をやらせていた。

ついにサードパーティアプリが通知センターの中で自分独自のウィジェットを定義できるようになった。しかも、対話できるウィジェットもOKだ。

IMG_0211

指紋認証システムTouch IDも、そのAPIが提供される。つまりサードパーティのアプリが、Appleの指紋認証を使えるのだ。

iOSの写真機能もそのAPIがデベロッパに公開され、それらはPhotoKitというフレームワーク名で総称される。AppleのPhotosアプリも、もちろんこのAPIを使って構築されているのだ。非破壊的エディットやPhotosのライブラリを/にリード/ライトできる機能、またCamera APIによりフォーカス、ホワイトバランス、露出などのコントロールが、デベロッパの写真撮影アプリの中でできる。

iOS 8のベータとそのSDKは、developer.apple.comで登録したデベロッパが利用できる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers