Slidebean%E3%81%AF%EF%BC%88%E3%81%9F%E3%81%B6%E3%82%93%EF%BC%89%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E7%B0%A1%E5%8D%98%E3%81%AA%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%BC%E3%83%B3%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB

Slidebeanは(たぶん)世界でいちばん簡単なプレゼン作成ツール

あなたの頭の中にあるコンテンツを美麗なプレゼンテーションに簡単に変える方法をお探しなら、Web上でプレゼンを行うSlidebeanが格好のツールかもしれない。

プレゼンツールは何年も前からいろいろ出回っているが、コンテンツとフォーマットが別立てになるプレゼンテーション作成ツールはSlidebeanが初めてで唯一、だと思う。

どういうことかというと:

このサービスに登録したら、まず、コンテンツのスライドを一枚一枚入力していく。そのとき、ページ下部にあるスライドのタイプを指定する: Title Only(タイトルのみ)、Bullet Points(箇条書き)、Imagery(画像)、Video(ビデオ)、Text(テキスト)、など。どのスライドにも、タイプを指定すること。

画像はURLを指定したり、自分のコンピュータからアップロードするほかに、Slidebeanにネット上を探させてもよい。彼(?)が見つけた画像でOKなら、それを指定する。

さて、そうやってコンテンツの入力が全部すんだら、今度はDesignタブをクリックしてフォーマットや色使いを編集する。色の組み合わせは5種類、デザインの選択肢も5種類あり、どれもアニメーションを使える。

終了するとSlidebeanがそのプレゼンのリンクを作ってくれる。それをクリックすればプレゼンが始まる。もちろん、プロジェクターを使ってもよい。

このサービスのWebバージョンは無料だが、必ずPDF形式にしたい人は、月額4ドル99セントの会費を払う。


〔ここにスライドが表示されない場合は、原文を見てください。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers