%E5%BA%AD%E3%82%84%E5%AE%B6%E5%BA%AD%E8%8F%9C%E5%9C%92%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%81%A8%E7%81%8C%E6%B0%B4%E3%82%92%E8%87%AA%E5%8B%95%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8BEdyn%E3%81%8C%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E4%B8%AD

庭や家庭菜園の環境モニタと灌水を自動化するEdynがクラウドファンディング中

ガーデニングはこれまでもっぱら、大量の勘に運を一滴混ぜたような行いだった。Edynはこの古くからあるカクテルに、データ分析という新しい味を加えようとしている。同社はそのための実際のプロダクトを作るために、Kickstarterで10万ドルを募集している

同社は2013年のDisrupt SF(サンフランシスコ)でローンチした。最初はSoil IQという社名で、CEOのJason AramburuはDisruptの審査員と来場者に、彼の会社は合衆国の1億の世帯すべてのための食糧生産技術を作り出す、と語った。製品の当時のプロトタイプは、金属の棒の上に大きな箱が乗ったようなものだった。それから2年経った今は、有名なデザイナーYves Beharの協力を得て、こんなにスマートな製品になった:

ミッションは前と同じで、デバイスはその約束を履行するためのものだ。Edynは庭や菜園などの環境条件をモニタして、植物に生存と繁栄のための最適条件を与えようとする。

このデバイスは、光量と空気中の湿度と気温と、土の栄養分や水分をチェックする。このデータを、植物と土壌科学と気候データベースなどと対照して、その土壌条件でよく育つ植物を推奨する。モニタリングは継続的に行われ、異変が起きたらユーザに警報する。同社はモニタリング装置のほかに、自動灌水機も作っているので、適正量の水やりを自動的に行わせることもできる。

これらデバイスのコントロールは、スマートフォンのアプリから行う。デバイス、Edyn Garden SensorとEdyn Water Valveはどちらも太陽光発電で動き、もちろん防水性がある。

同社は今、Kickstarterで10万ドルの資金募集と、製品の予約受付をしている。資金提供者はGarden Sensorを79ドル、ベータテスター志願なら129ドルでもらえる。159ドル以上を支援すると、SensorとWater Valveの両方をもらえる。

ガーデニングを物のインターネット(Internet of Things, IoT)のターゲットにしようとしている企業は今、Edynのほかにもたくさんある。たとえばAR Droneを作っているParrotが最近ローンチしたFlower Powerは、Edynと同じような仕事をする。Click And Growは電脳植木鉢(というか電脳プランター)を作っていて、ハーブやいちごなどの栽培を自動化しようとしている。どのデバイスが使われるにせよ、これで食糧の自給自足の効率がアップするなら、われわれ全員にとって良いことだ。

Edynの詳しい記事(未訳)〕


EdynのDisrupt Battlefieldにおけるローンチ

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

あうあう
それでもバカはカツアゲをするし、心の弱い奴はカツアゲされても文句を言わずにカツアゲされ続ける。バカな…
hakujira
確かに引き出し手数料だけではどう考えてもペイしないので客寄せなんでしょうね....。
神崎渉瑠
何度も試行錯誤すればたしかに費用がかかるけど、アイデアを出す人がいるかどうか(見つかるかどうか)が大…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers