Project%20Tango%E3%81%AE%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E3%81%AE%E9%96%8B%E7%99%BA%E6%A9%9F%E3%81%AFTegra%20K1%E3%82%BF%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%80%811024%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%A7%E3%81%B5%E3%81%A4%E3%81%86%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%82%82%E8%B2%B7%E3%81%88%E3%82%8B

Project Tangoの第二の開発機はTegra K1タブレット、1024ドルでふつうの人も買える

 
 

Googleの3D奥行き感知型モバイルプロジェクトProject Tangoに、新たな開発用ハードウェアが加わった。その今日(米国時間6/5)デビューしたタブレットの開発キットは、NVIDIA Tegra K1プロセッサと4GBのRAM、128GBのストレージ、1080pのディスプレイ、定番のAndroid 4.4、WiFi、Bluetooth LE、4G LTE、そして二つのカメラと、奥行き感知というマジックを演ずるための背面奥行きセンサを搭載する。

このタブレットはこれまで噂にすぎなかったが、今度は6月下旬に1024ドルで発売される。デベロッパが登録しておくと、リリース直後に通知をくれる。Googleは“限られた量しか”作らないと言っているから、一般消費者向けの発売ではない。しかし登録するときに自分がデベロッパか否かをチェックボックスで指定するだけなので、誰でも買えるのだろうが、申し込みがその“一定量”を超えそうなときはデベロッパを優先するのかもしれない。

EngadgetがこのProject Tangoタブレットの詳細を報じており、初期的なソフトウェア体験にも一部触れている。3月に出たProject Tango開発機、スマートフォンキットは、わずか200台がデベロッパの手に渡っただけだ。しかし今度のタブレットは、もっと多くの人にテストしてもらうのが目的だろう。とくにゲームまわりがおもしろいと思うのだが、Engadgetはゲーム業界の大手UnityやEpicの名を挙げて、彼らはすでにTangoの仕事を始めている、と言っている。

Tangoをまだよく知らない読者は、この、GoogleのAdvanced Technology and Research部門による野心的なプロジェクトに関する、一連の本誌記事をお読みいただきたい。視界処理用のチップはMovidiusというスタートアップの特殊なチップを使用、これまでのモバイルになかった全く新しいユーザ体験の扉を開くものだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers