AppleのiCloudに対する新しいアプローチは、全員を幸せにする

次の記事

曲面OLEDディスプレイを搭載し、健康情報管理などに利用できるApple製iWatchは10月に登場(日経記事より)

先週のWWDC基調講演で、AppleはCloudKitを発表した。これは、アプリ開発者がAppleのiCloudを「事実上フリー」に使える開発フレームワークで、これまで以上にモバイルアプリでの利用が簡単になる。

今日(米国時間6/6)午前、QuartzのDan Frommerはこれを、ようやくAppleがクラウドを「モノにした」ことを示す兆候のひとつだと言った。

しかしそれは、AppleがiOSおよびMacデベロッパーの懸念をこれまでになく真剣に受け止めている証しでもある。昨年、本誌のMatthew Panzarinoが、iCloudsは事実上2つあると書いた。一つは巨大で概ね信頼のおけるインフラストラクチャーで、Appleが自身のアプリを載せているもの、もう一つは、デベロッパーが最初のバージョンのiCloudで手渡された寄せ集めのネットワークや同期のプロトコルだ。

Apple自身は、同じテクノロジーを使っていなかったため、例えばCore Data同期等の機能で一般iOSアプリが遭遇するようなトラブルを経験したことがなく、問題を真剣に捉えてこなかった。Panzarinoがこう書いている。

望むらくはAppleが自社アプリでiCloudのデベロッパーAPIをもっと使うことだ。会社が自社の機能を内部で使うことはドッグフーディングとも呼ばれ、iCloudのような複雑なシステムでは特に、成熟と安定を確かめる優れた方法た。現在Appleは、Core Data同期機能を、iTunes Trailersアプリでしか使っていない。これは多くのビデオを配信するが決して複雑なアプリではない。AppleはこれらのAPIをあまり使っていないために、デベロッパーたちが出くわす問題を体験していない。

その結果、多くのデベロッパーは自身のアプリでiCloudを使うことを諦め、自前でクラウド同期を行ったり、Amazon、Dropbox、Google等のライバルを統合している。

Appleはそれを変えたがっているようだ。Andreessen Horowitzのアナリスト、Benedict Evansは水曜日(6/4)に、AppleはiOS 8で数多くの魅力的なクラウドベース機能を披露した ― そしてデベロッパー全員が使えるCloudKitフレームワークを構築した、と書いた。

Appleがウェブ(URL)だけでなく、クラウドを大切に思っていることがわかる。これはGoogleとは対照的で、あちらは完全に逆のアプローチを取っている。Googleにとってデバイスは無能な容器にすぎず知能はクラウドにあるが、Appleにとってクラウドは単なる無能なストレージであり、デバイスが知能のための場だ。そのために、全く新しいAPIセット、CloudKitを使り、デベロッパーがそれを実行することを可能にした。そして写真アプリの開発では、(おそらく初めてと思われる)ドッグフーディングを行っている。

誰もが利用できるフレームワークの上に作られた機能は、iOS 8の新しい写真編集ツール群だけではない。同社は他にもKeynote、Safari、メール、マップ、連絡先、メモ、およびリマインダーの「ハンドオフ」機能(iPhoneのMacの間でやりかけの作業をスムーズに継続できる)が、サードパーティーデベロッパーが利用できるものと同じ公開APIの上に構築されていると言っている。

Appleとサードパーティーデベロッパーが同じ条件で開発できることは、全員の利益だ。Appleは、自社アプリの水準を守るためにも、今まで以上にデベロッパー向けフレームワークの品質向上に注力するようになり、デベロッパーも「安心して動く」便利なクラウド部品を使うことに尻込みしなくなる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在230人フォロワーがいます。