iOS 8マルチウィンドウの不出来なデモビデオは、この機能がないことを証明

次の記事

時代はWindows 8.xのはずなのにWin 7マシンが絶好調、Intelは売上予測を大きく上方修正

iOSデベロッパのSteven Troughton-Smithは、iOS 8のコードをほじくって、実際にそこにスクリーン上のマルチウィンドウを伴うマルチタスクの機能があることを、最初に見つけた人物だ。ただしそのことはなぜか、iOS 8の公式発表の中には含まれていない。水曜日(米国時間6/11)の夜にTroughton-Smithはその機能のビデオをアップロードして、iOSのマルチタスクの対象が、リアルタイムI/Oの要らないバックグラウンドジョブだけではないことを、疑い深い人たちに見せつけようとした:

ご覧のように不完全でバグいデモだが、でもだからこそこれは、この機能が一度計画されて放棄されたか、または今後のアップデートのために今なお開発中であることの、さらなる証拠だ。Troughton-Smith自身もこのビデオをややまともなものにするために、コードをちょっといじっているから、完動の実装はまだ遠い先の話だ。

Appleがマルチウィンドウ(画面分割)のマルチタスクをやる、という話はiOS 8の正式発表の前に、機能予想談義の一環として漏れてきた。最初にそれをリークした9to5Macは、この機能は遅れてiOS 8.1に載るか、または廃棄される、とも報じていた。 WWDCにおけるiOS 8の公式発表でこの話がまったくなかったのは、たぶんそのためだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在255人フォロワーがいます。