Amazon%E3%81%AEJeff%20Bezos%E3%81%8B%E3%82%89%E6%9C%AC%E3%81%8C%E9%80%81%EF%BC%88%E8%B4%88%EF%BC%89%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%9F

AmazonのJeff Bezosから本が送(贈)られてきた

Mr. Bezos lived in Seattle and owned a little black phone.

“Black phones are fine,”
said Mr. Bezos,
“but there are FIFTY black phones,
all on the shelf
at Best Buy.
How can I tell
which one
is mine?”

ベゾス氏はシアトルに住み黒い小さな電話機を持っていた。

“黒い電話はいいよ,”
とベゾス氏は言った,
“でも黒い電話は50個もあって,
みんな棚の上にあるんだ
Best Buyのお店の.
どうやったら分かるかな
どれが
ぼくの電話機か?”

本誌TechCrunchの記事のイントロにしてはヘンだって? そう、確かに。でも、Jeff Bezosが彼の好きな児童書 — Mr. Pine’s Purple House(パイン氏の紫色の家) — を、今度の大きなイベントのご案内のために送ってくるなんて、もっとヘンだよね。

Mr. Pine(パイン氏)は、世界でいちばん退屈な郊外に住んでいる(まあ率直に言って郊外はどこも退屈だけど…)。彼は自分の家を目立たせたくて、家の前に数本の木を植えた。すると、誰かが車を買うと必ず自分も新車を買うような隣人たちが、全員同じことをした。そこで彼は自分の家を紫色に塗り、それと同じことをすることをみんなに禁ずる。

それがAmazonと何の関係があるの? えー、つまり、予想では来週の水曜日にAmazonは電話機をローンチするらしくて、それはお利口な機能が山のようにたくさんあって、顔認識や3D機能まであるのだ。

その本にはBezosが書いたメモがついている: “ちょっと変えるだけで世界がずっと良くなるものがあると思う。あなたもそう思いませんか?”

Bezosのお気に入りの児童書の中のMr. Pineのように、Amazonは、人と違うことをしようとしている。電話機をカラフルにするのはべつに新しくもないけど、でもMr. PineみたいにAmazonは、これまでになかった、他社と全然違う、とっても目立つスマートフォンベンダになるために、何かをするつもりだ。黒い小さな平たい板の上にきれいなスクリーンがあってAndroidが動いてるだけじゃ、ほかと一緒になってしまう〔==冒頭の詩〕。

ガジェット方面のライターや評論家たちは今ごろ、この本に大騒ぎをしてると思うが、でも実際にイベントに行ってBezosのキーノートを聞くまでは何もわからないよね。Amazonの手品の帽子から何が飛び出すか、それは確かに楽しみだ。Mr. Pineと彼の犬と彼の車と彼の歯ブラシと彼のはしごについてAmazon初のスマートフォンについて知りたければ、来週以降の本誌をぜひお読みくだされ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags:

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers