GoogleのCloud PlatformがSSDによるパーシステントディスクとHTTPロードバランシングを提供

次の記事

上場を目指すBox、Yコンビネーター出身のStreemを買収

あと数日でGoogleのデベロッパカンファレンスGoogle I/Oが始まるが、同社はそれを待つこともなく今日(米国時間6/16)、同社のCloud Platformの二つの新しい機能をローンチした。今日のGoogleの発表によると、その二つは何(いず)れもデベロッパが前から要望していたもので、ひとつはHTTPのロードバランシング、もうひとつはSSDを使ったパーシステントなストレージだ。どちらも今はプレビューなので、テストしてみたいデベロッパはここで申し込む。

毎秒のI/Oの頻度がものすごく高いアプリケーションを抱えるデベロッパは、前からSSDを要望していたが、今度からは月額0.325ドル/GBでそれを使えるようになる。これまでのパーシステントストレージは0.04ドルだったから、相当に高い。ただしI/O操作そのものへの課金はない。AmazonのEC2のインスタンスにはSSDを使うものもあるが、それらにはパーシステントストレージの機能はない。

ディスクベースのパーシステントストレージでは、1GBのリードが約0.3IOPS、ライトが1.5IOPSだったが、SSDベースではリード、ライトともに最大30IOPSとなる。最大持続スループットも、SSDは相当に高い。

2014-06-16_1301

 

HTTPのロードバランシング機能は、Googleによると、最大で1秒あたり100万リクエストまでスケールできる(ウォームアップ時間なし)。コンテンツベースのルーティングをサポートし、Googleがとくに強調するのは、複数のリージョンにまたがってロードバランスできることだ。グローバルなサービス提供者がレイテンシを下げたいとき、助かるだろう。また複数のインスタンスにまたがるロードでレイテンシを抱えていたデベロッパも、そのリクエストを最適化できる。いずれの場合もアプリケーション自身は一つのIPアドレスにアクセスするだけなので、ロードバランスをとくに意識しない。だから使いやすい機能だ、とGoogleは言っている。

ただしこのロードバランシングは当面、SSLプロトコルをサポートしない。SSLを利用したいデベロッパは、Googleの既存の、プロトコルベースのロードバランシングシステムを使わなければならない。

cross-region-load-balancing-thumb

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在183人フォロワーがいます。