%E3%81%9F%E3%81%A3%E3%81%9F%E4%B8%80%E5%8F%B0%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%A7%E6%AD%A3%E7%A2%BA%E3%81%AA3D%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86Rendor%E3%81%AF%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84

たった一台のスマホで正確な3Dスキャンを行うRendorはすごい

特殊なグリッド(格子)が印刷されている紙とふつうのスマートフォンを利用するRendorは、3Dスキャンに破壊的革命をもたらすかもしれない。このシステムでは、目的とするオブジェクトをあらゆる角度からビデオに撮るだけで、3Dスキャンができてしまう。そのプログラムは、 オブジェクトがグリッドのどこにどう乗ってるかをもとに、オブジェクトの形状を補間し、実用性のある3Dファイルを生成する。

今はまだ開発途上の技術だが、ぼくがこれまでに見た3Dスキャンツールの中ではベストかもしれない。ほかに3DSystems SenseやAutodeskの123D Catchなどのアプリケーションもあるけど、Rendorはコンピュータビジョンを非常に独特な方法で利用して、より正確なモデルを作り出すのだ。

Replica Labsが創案したこの方法では、オブジェクトを“捉える”ためのカメラはたった1台だ。下のビデオでお分かりのように、オブジェクトの前面はとてもうまく捉えるが、そこからは見えない背面は背景まで伸びている。でも下に敷いたシートのおかげで、オブジェクトの360度のビューを捕捉でき、出っ張りや凹みなど、3Dオブジェクトの特徴を正確に捉える。しかも、クールだ。

アプリケーションの完成は7月の予定だ。今からベータに参加したい人はここに申し込もう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers