%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88%E8%A3%BD%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%AF%E3%80%81%E7%9B%AE%E7%9A%84%E3%81%AE%E8%83%83%E3%81%AB%E7%9B%B4%E6%8E%A5%E9%A3%9B%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%8F

このチョコレート製ドローンは、目的の胃に直接飛んでいく

ご覧あれ。あなたにも私にも、ここで何が起きているかがわかる。これは、Milkaチョコレートのバイラル広告か何かかもしれないが、ひとまずマーケティング用アンテナをしまって、アイデアを楽しむことに集中しよう。これは、チョコレートでできたクワッドコプターのビデオだ。機体は、チョコレートで作られている。モーターはもちろん金属で、プロペラはプラスチックだが、それ以外の部分はチョコレートだ。これがあなたのチョコ塊をくすぐらなければ、何がそうされるのか私にはわからない。

作り方は単純だ。「シェフ」(連中の名前は調査中)は、料理用チョコレートにMilkaを加えて溶かす。それをモーターに付かないようにX字型の型に流し込み、冷蔵庫で固める。数時間後にはデリシャスなクワッドコプターが出来上がり、緑に包まれた草原を、カカオの香りを放ち、ローターを回し、ジャズ音楽を流しながら飛び回った。

これ以上何を望むというのか?

そして、プロジェクトは完全に成功した。

Hackadayのひょうきん者がこう書いていた。「良い点は、次回私が操縦している時、突風が吹いてドローンが壊れてしまったら、残骸を食べてしまえることだ」。

お次は何か? Michaelと彼のガールフレンドから成る「チョコレートコプター」チームは、アイスコプターに挑戦だ。ようこそ未来へ、そこではあらゆるものがショコラーデ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers