Amazon%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%80%81%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%A0%E4%BC%9A%E8%B2%BB1%E5%B9%B4%E5%88%86%E3%81%8C%E7%84%A1%E6%96%99%E3%81%A7%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B

Amazonのショッピング・スマホには、プライム会費1年分が無料でついてくる

Amazonは、199ドルの顔追跡機能付ショッピング用スマートフォン、Fire Phoneをつい先ほど発表した。そして、新参スマートフォンに大枚(通信会社との契約無しなら649ドル)をはたきたくない人々のために、同社はAmazon Primeサービス会費1年分を無料で付けることで、魅力を高めようとしている。

Amazon製品ページにこう書かれている。「期間限定で、Fire PhoneにはPrime 1年分が付いてきます」

つまり、Prime会費を計算に入れれば、Fire Phoneの値段は100ドルと考えることもできる ― 少なくともこのセールが終るまで。

すでにPrimeメンバーになっている人も、この特典を受けられる ― Amazonは、Fire Phone購入者のPrimeメンバー権を「追加費用なし」で1年延長すると言っている。

さらに、同じアカウントで複数のFire Phoneを買う場合は、無料Primeメンバー権が相当年数分延長される。

米国でのPrimeメンバー料金は年間99ドルで、Amazon販売製品の無料翌日配達、Amazonのビデオ・音楽ストリーミングサービス、およびKindle e-book貸出ライブラリーが利用できる。

無料Primeは、AmazonがFire Phoneを差別化するための手段の一つだが、スマートフォン新発売にあたり永久に続ける必要は感じていないようだ。もちろん、端末の需要に応じて今後変わる可能性もある。

Fire Phoneの他の(恒久的な)特徴で、Amazonが他の既存スマートフォン群から突出したいと考えているものに、前面カメラ4基でユーザーの視線を追跡することによって可能になった3D奥行き効果AmazonのMayday 24時間ビデオカスタマーサービスの利用、および、カメラをリアル世界の物体に向けて、購入したり情報を得たりできるFireflyと呼ばれるアプリを、直接呼びだせるハードウェアボタンなどがある。

さらにAmazonは、わずかばかりの独自仮想通貨、 Amazon Coinsを、早期Fire Phone購入者に配布する。「期間限定で、Fire Phoneにはアプリ、ゲーム、およびアプリ内購入でに使える1000 Amazon Coins(10ドル相当)が付いてきます」と同社は言っている。

果たしてAmazonが、Fire Phoneの販売促進のために、より長期に渡るエコシステム特典を提供することになるのか、結果が注目される。あるいは、もっと高額のAmazon Coinsを無料配布するのか。

すべては、現在端末が持っている機能群と、同社の主要販売チャネルであるEコマースサイトのメインページによって、どれだけの需要を生み出せるかにかかっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Ichiro Mizoguchi
『家にいることを感知したらスリープして電池を節約する』はなかなかいいアイデアですね。猫飼ったことない…
Kenshin Fujiwara
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓関西で米国式のアクセラレータを立ち上げみて学んだことh…
Guest
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓http://kenshinfujiwara.com/…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers