初のAdobe製スタイラス、Ink and Slideを使ってみた

次の記事

メール環境を変更せずに「自動消滅メール」を送ることができるPluto Mail


Adobeは今日(米国時間6/18)、初のハードウェア製品、Ink and Slideを発表した。同社はこのガジェットのペアを、「Creative Cloudペンとデジタルルーラー」と表現している。基本的にこれは、スマートなスタイラスで、iPadとBluetoothで同期し、これも今日発表されたiPadアプリ、Adobe Lineと共に使うと様々な魅力的機能が利用できる。

3_Adobe Ink Slide Apps

曲線的で陽極酸化処理アルミ製のスタイラスは、デジタルルーラーとの位置関係によらず手によくフィットし、磁石を巧みに利用して画面のマルチタッチをシミュレートしている。Ink and Slideは実に高品質なハードウェアだと感じた。

Ink and Slideに興味のあるデザイナーは、199ドルで直接Adobeから購入できる。Adobeによると、Creative Cloudサービスと契約しているユーザーは、Adobe Lineでの作業が無限にバックアップされ、iPadで始めた作業を、デスクトップのPhotoshopやIllustratorで簡単に続行できる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在181人フォロワーがいます。