%E5%88%9D%E3%82%81%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%8A%E3%81%A7%E5%BF%83%E6%8B%8D%E6%95%B0%E3%82%92%E6%B8%AC%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%97%A5

初めておしりで心拍数を測った日

未来の世界が持たらすあらゆる奇妙なSFプロジェクトの中で、見るのは最後だろうと予想していたのが、おしりで心拍数を測るクッションだった。しかし、その未来はここ(あるいはすぐ近く)にある。新しい「スマートクッション」、Darmaのおかげで。

Darmaクッションの背景にある主たる発想は、長時間座ってることによる背中への負荷を減らし、悪い姿勢を直すことだ。このクッションは、利用者が椅子の上で過ごしている時間を非侵襲的に把握し、時折ユーザーをつついて立ち上がったり歩き回ったりするよう促す。

他の姿勢測定システムとは異なり、このクッションは光ファイバーを内蔵し、その中を連続的に光が通っている。システムは、使用者がどれだけ長く座っているか、落ち着きがないか、あるいは良い姿勢でいたかを、光ファイバーを光が通過する様子に基づいて推定する。

しかしそれだけではない ― このファイバーはユーザーの心拍数、呼吸、および一般的ストレスのレベルもクッションを通じて測定できる。冗談に聞こえるかもしれない ― しかし、驚くほどうまく働く。

試しに私は、心拍数と呼吸をDarmaクッションで測るのと同時に、指先に付けた心拍モニターでも測ってみた。驚いたことに、両者の結果は事実上同じだった。。

In which the intrepid reporter sits on the cushion and measures his heart rate

勇敢なレポーターは、クッションに座り自らの心拍数を測定した

すべてのデータは、クッションとBluetoothでつながるモバイルアプリを通じて利用可能で、長期にわたる健康状態を監視できる。

私が見たのは2番目のプロトタイプで、開発チームは数ヵ月のうちにKickstarterでクラウドファンドしたいと考えている。クッションの価格は249ドルの予定だが、キャンペーン中の早期支援者には149ドルで提供するつもりだ。

もちろん、計画はクッションから始まったが、チームはこのテクノロジーを他の家具メーカーにも提供し、スマート機能が椅子やソファーその他座る道具全般に組み込まれることを願っている。

彼らが空想するのは、ベッドの中の光ファイバーが眠りの深さを測定し、眠りについたことを検知したら消灯し、目が覚めたら点灯する世界だ。しかし正直に言って ― もはやそれは宇宙家族ジェットソンの世界だ。

現時点では、彼らは心拍数の測定に集中している ― ただしクッションを通じて。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

れお@今日からイケメンになる
chromebookの場合、機能を使うことによって生徒の設定を一括操作できるので、かなり安心できると…
Ichiro Mizoguchi
実際にDroneでの配送が始まったら、どこかの星からUFOが来たとしても、みんな「また、Droneが…
【公式】SHAKE100 運営チーム
お越しいただきありがとうございました!SHAKE100運営チームです。Facebook(…
Hitoshi Anatomi
屋外利用時の他人受容率がほぼゼロになるような閾値で運用した時の本人拒否率が問題ですね。これもほぼゼロ…
Ichiro Mizoguchi
みんながALSのことをこれで認知するだろうから、今後は、『継続的な支援』につながる取り組みに変貌して…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers