Google%E3%81%8CSPDY%E3%83%A2%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%ABmod_spdy%E3%82%92Apache%20Foundation%E3%81%AB%E5%AF%84%E8%B4%88

GoogleがSPDYモジュールmod_spdyをApache Foundationに寄贈

GoogleのSPDYプロトコルはHTTPの次のバージョンに標準規格として導入されるが、このプロトコルを実装したLinuxモジュールmod_spdy2年あまり前に、広く使われているオープンソースのWebサーバApacheの上で動き始めた。それによってSPDY(”SPeeDY”と発音する)の人気が一挙に広まり、今では多くのWebサーバやブラウザがサポートしている。SPDYの一般的な普及にめどがついたと判断したGoogleは今日、mod_spdyをApache Software Foundationに寄贈する、と発表した

これによってmod_spdyは、サードパーティのアドオンではなくApache本体の一部になる。Apache Foundationの協同ファウンダJim Jagielskiは今日の声明文の中で、次のように述べている: “目的はそれを完全にApache 2.4の一部にすること、そしてもちろん、2.6/3.0のコアパートにすることだ”。

GoogleのソフトウェアエンジニアMatthew Steeleは今日の発表声明の中で、これによりApacheのユーザにとってSPDYの可利用性がさらに広がり、また“昨年11月に草案として提出されたHTTP/2.0の進捗にも道を開く”、と述べている。

SPDYはHTTPの次のバージョンの機能の多くを支えているので、実質的に次期バージョンのHTTPのベースだ、といっても過言ではない。数か月後ぐらいからHTTP/2.0の話題が賑やかになってくると思われるが、HTTPの現行バージョンとの違いなどを詳しく知りたい人には、これが格好のドキュメントだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers