Google%E3%81%8C%EF%BC%88Nest%E3%81%8C%EF%BC%89Dropcam%E3%82%92%24555M%E3%81%A7%E8%B2%B7%E5%8F%8E

Googleが(Nestが)Dropcamを$555Mで買収

何週間も前から 、Googleが簡易監視カメラのDropcamを買収するという噂があった。

今日(米国時間6/20)、その噂が事実になった。

正確に言うと、この前Googleに買収されてGoogleの一部になったNestが、Dropcamを買収したことを発表した。詳細は今調べ中だが、現金で5億5500万ドル、という買収価額はすでに発表されている。

Dropcamを知らなかった人、いる? いろんなものを作っているけど、社名と同じ名前の製品はWiFi対応のセキュリティカメラ(ビデオの画質により149ドルと199ドル)で、ユーザのメンテナンス努力がほとんど要らない。すでにWiFiでインターネットにアクセスしているお家(うち)では、なにしろカメラを電源につなげば、それでセットアップ完了だ。またDropcam社のクラウドサービスを利用してリモートで画像を見ることもできるが、その料金は無料だ。ただしアーカイブを保存してほしい人は、月額10〜30ドルを払う(従量制)。

DropcamのファウンダGreg Duffyは、ブログ記事で買収について説明している:

NestとDropcamには、よく似た血が流れている。どちらも、既存の時代遅れの、生活を良くするどころか悪くする製品に対するフラストレーションから生まれた。NestのファウンダTonyとMattと何度も話し合いを重ねた結果、われわれが同じビジョンを共有していることが明らかになった。

Googleがサーモスタット(のNest社)を買ったことを非難するプライバシー活動家は、今回の買収で逆上するだろう。〔監視カメラの情報をGoogleが利用する、との懸念から。〕

そこでNestのファウンダMatt Rogersは先手をうった。彼は活動家たちをなだめるために、Dropcamの買収についてこう述べている:

Nestの顧客データがそうであるように、DropcamもNestのプライバシーポリシーに従う。データは、顧客の許可なしには、Googleも含め、誰とも、どことも共有されない。Nestは有料のビジネスモデルであり、広告収入に依存しない。Dropcamの買収にあたり弊社は、同じポリシーをDropcamにも適用する。

Crunchbaseによると、Dropcamのこれまでの資金調達額は4800万ドル弱だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Hitoshi Anatomi
利便性のためなら端末盗用の防止などには構っていられない?
abology
كشف تسربات المياه بالرياض كشف تسربات المياه …
tegrak1
これから出るandroid5.0の端末が楽しみ。
saad abd
شركة تنظيف بالرياضشركة تنظيف منازل بالرياضشركة…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 132 other followers