Google%E3%80%81%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%AB%E5%8F%82%E5%85%A5%E3%81%B8

Google、ドメイン販売に参入へ

さて、あなたはドメイン名を買いたい。まずどこへ行くか? GoDaddy? NameCheap? どこでもいいから今セールやっているところ?

Googleはどうだろう?

過去数年間、ドメインを買うためにGoogleを探した人は、 このサポートページを見たはずだ。「Google自身はドメイン名の登録あるいはホストを行っていない」。その後、何社かパートナーが紹介される。

今日、それが変わる。

先ほどGoogleは、ドメイン登録サービスの小規模なプライベートベータを開始した。その名もふさわしく “Google Domains”。ここで、大部分が完成していないランディングページを見られる。

そして何というタイミングか、去る6月9日、GoDaddyが2006年以来迷い続けてきたIPOをついに申請した。その2週間後、Googleはドメイン登録市場に参入する計画を公式に発表した。これまでGoDaddyは、Googleが推奨するパートナーの一人ですらあったのに。気分のいいものではない。

Googleは、最終的にどんなサービスを提供するのかまだ検討しているようだが、これまでに公表されたものをいくつか挙げる。

  • 無料プライベート登録。Whois検索で名前、住所等を隠すために、有料サードパーティーサービスを使わなくてよい。
  • 無料メール転送。好きなアドレスからGmailの受信箱に転送できる。
  • 無料ドメイン転送
  • 最大100サブドメインをサポート
  • 向こう数年のうちに出現するであろう、クレイジーなドメイン拡張子をすべてサポートする(.guru、.club等)

この動きは十分理にかなっており、むしろGoogleがここまで時間をかけたことの方が驚きだ。ドメイン販売は、膨大な利益を生むヒジネスではないと考えられているが、Googleの品揃えにとっては明らかな抜けだった ― 欠けたバズルピースに近い。独自ドメイン用にメールが必要? Googleにある。ドメインの分析? それもある。ドメインそのものをGoogleから買う? ノー。

もう一つ面白い話題。Googleは、Google Domainsの顧客に対して完全電話サポートを約束しており、サポート電話番号とひも付けられているGoogle製品は〈ごくごく稀〉である。私の知る唯一は、Google Glassだ(アップデート:Googleのエンタープライズサービスもそうだと誰かが教えてくれた)。Gmailにログインするのを手伝ってもらうために、いったい何人がその番号にかけるのだろうか。

ご注意:上にも書いたように、今のところこれはごく小規模なベータテストだ。試してみたい人は、Google Domainsに飛び、”Manage my domains” ボタンをクリックしてログイン後、”Request an invitte” ボタンを押す。Googleは、何人参加できるかを約束していないが、少なくとも玄関口までは行くことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers