Google%E3%80%81%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%AB%E5%8F%82%E5%85%A5%E3%81%B8

Google、ドメイン販売に参入へ

さて、あなたはドメイン名を買いたい。まずどこへ行くか? GoDaddy? NameCheap? どこでもいいから今セールやっているところ?

Googleはどうだろう?

過去数年間、ドメインを買うためにGoogleを探した人は、 このサポートページを見たはずだ。「Google自身はドメイン名の登録あるいはホストを行っていない」。その後、何社かパートナーが紹介される。

今日、それが変わる。

先ほどGoogleは、ドメイン登録サービスの小規模なプライベートベータを開始した。その名もふさわしく “Google Domains”。ここで、大部分が完成していないランディングページを見られる。

そして何というタイミングか、去る6月9日、GoDaddyが2006年以来迷い続けてきたIPOをついに申請した。その2週間後、Googleはドメイン登録市場に参入する計画を公式に発表した。これまでGoDaddyは、Googleが推奨するパートナーの一人ですらあったのに。気分のいいものではない。

Googleは、最終的にどんなサービスを提供するのかまだ検討しているようだが、これまでに公表されたものをいくつか挙げる。

  • 無料プライベート登録。Whois検索で名前、住所等を隠すために、有料サードパーティーサービスを使わなくてよい。
  • 無料メール転送。好きなアドレスからGmailの受信箱に転送できる。
  • 無料ドメイン転送
  • 最大100サブドメインをサポート
  • 向こう数年のうちに出現するであろう、クレイジーなドメイン拡張子をすべてサポートする(.guru、.club等)

この動きは十分理にかなっており、むしろGoogleがここまで時間をかけたことの方が驚きだ。ドメイン販売は、膨大な利益を生むヒジネスではないと考えられているが、Googleの品揃えにとっては明らかな抜けだった ― 欠けたバズルピースに近い。独自ドメイン用にメールが必要? Googleにある。ドメインの分析? それもある。ドメインそのものをGoogleから買う? ノー。

もう一つ面白い話題。Googleは、Google Domainsの顧客に対して完全電話サポートを約束しており、サポート電話番号とひも付けられているGoogle製品は〈ごくごく稀〉である。私の知る唯一は、Google Glassだ(アップデート:Googleのエンタープライズサービスもそうだと誰かが教えてくれた)。Gmailにログインするのを手伝ってもらうために、いったい何人がその番号にかけるのだろうか。

ご注意:上にも書いたように、今のところこれはごく小規模なベータテストだ。試してみたい人は、Google Domainsに飛び、”Manage my domains” ボタンをクリックしてログイン後、”Request an invitte” ボタンを押す。Googleは、何人参加できるかを約束していないが、少なくとも玄関口までは行くことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

shigtak
GOPRO株主としては、ぜひ成功してほしい、続報を期待しています。
神崎渉瑠
7インチタブレットは多くの紙製手帳と同じ幅ということもあり使いやすいと思うが、ベゼルが大きいから非…
アサギマダラ
へえ、これは良いなぁ。これに続いて公共無線がもっと普及してくれればさらに……だけど
abology
كشف تسربات المياه نقل اثاث بالرياض تخزين اثاث…
Steve Jobs
ocnモバイルoneのsimカードlg g3で使えますか?
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 141 other followers