Google%E3%81%AE%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%A3%BDVR%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AF%E3%80%81%E9%A9%9A%E3%81%8F%E3%81%BB%E3%81%A9%E8%B3%A2%E3%81%84

Googleのダンボール製VRヘッドセットは、驚くほど賢い

毎年I/Oカンファレンスでは、Googleが参加デベロッパー全員におみやげをプレゼントする。タブレットの年もあれば、ノートPCのこともあった。

今年? ダンボールの板だ。はい、はい、もちろん他の物もくれたのだが ― ダンボールって!?

Googleのダンボールの塊を開くと、これがただのダンボール板ではないことがすぐにわかる。もっとすごい何かだ!

もしあなたがIKEA大学でスキルを身につけていて、決してわかりやすいとは言えない折り方の手順に従えば、すばらしい何かに出会える。あなたのAndroidスマホと組み合わせれば、あの折り紙ダンボールが、安価なその場で組み立てられるバーチャルリアリティー・ヘッドセットになる。

giffy-6

Googleはこれをプロジェクト “Cardboard”[ダンボール]と呼ぶ。私は、Mockuls Thriftと呼びたい。

私はキーノートが終って以来遊んでいるが・・・こいつはいまいましいほど素晴らしい!

これがOculus Riftキラーかって? ハァ ― もちろん違う。〈ダンボール〉だぜ。

しかし、それでも凄いことに変わりはない。

ひとたび Cardbord を折り曲げて形にしたら、輪ゴムとマジックテープでAndroidを所定の位置に固定する。

本物のOculs Riftと同じく、Cardboard の前面にはプラスチックレンズが2枚装着されており、画像が視界のまわりを包むようにスマートフォン画面を歪めてくれる。

それだけでも十分だった、本当に。しかし、Googleはさらに一歩先を行った。

Cardboardを組み立てる途中で、紙片の一つに、まるい磁石がポツンとくっついていることに気付く。これは組み立て工程の本当に最後の部分で、最後に取り付ける部品だ。すべてを折り込んだ後、この磁石をCardboardの外側にある小さな溝にはめる。

きっとあなたも、これは全体を固定するための何かだと思うだろう。

そしてCardboardアプリを起動する。いきなりチュートリアルが始まる。

「頭を左右に動かしてアプリを見る」と書かれている。

オーケー、簡単だ。

「アイテムを選ぶには、磁石を下にスライドさせて手を離す」

mind blown

つまるところ、Googleの連中はあきれるほど頭がよかった。

この、おかしなダンボールRiftもどきには、元祖Riftにさえないものが付いている。内蔵ボタンだ。

磁石は溝の中をスライドし、離すと自動的に元の位置に戻る。反対側にもう一つ磁石があるからだ。スマートフォンは磁石の動きを検知できるので、これを驚くほど賢いボタンとして使うことができる。

click click

Cardboardアプリには、7種類の「体験」が入っていて、どれも実によくできている。

  • Youtube は、選ばれたYouTubeビデオを劇場スクリーン風に見ることができる。おとらく私最大のお気に入り。
  • Street Vue は、VRバージョンの・・そうストリートビューを彷徨える。
  • “Exhibit” は、いくつかの物体の3D版を見られる。傑作とはいえない。
  • Earth Flyover は、Google Earthで街を飛び回れる。「ボタン」を押すと飛び始め、もう一度押すと止まる。
  • Photo Sphere Viewer は、Androidの内蔵360度パノラマカメラで撮った写真を見るためのものだ。
  • Windy Day は、かわいらしいマンガチックな環境の中で、葉が落ちる中を駆け回る小動物たちを見られる。
  • Tour Guide は、ベルサイユ宮殿を案内してくれる。

1つ欲しいって? I/Oに参加していない限りたぶん運がない。幸運にも私は一つ余分に入手することができた。まだ封を開けていない! I/O参加者全員と同じく、Andoridスマホは自分で用意しなくてはならない。欲しい人は、コメント欄に書いてほしい ― 週末に誰かをランダムに選ぶつもりだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Usami
mikanの先行登録を開始しました。毎週10名の方が抽選で、mikanの先行インストールできます。詳…
Ichiro Mizoguchi
『家にいることを感知したらスリープして電池を節約する』はなかなかいいアイデアですね。猫飼ったことない…
Kenshin Fujiwara
手前味噌ですが、フォローアップ記事書きました↓関西で米国式のアクセラレータを立ち上げみて学んだことh…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 118 other followers