%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AATwitCasting%E3%81%8C%245M%E3%82%92%E8%AA%BF%E9%81%94%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB%E3%81%B8

日本のライブストリーミングアプリTwitCastingが$5Mを調達してグローバルへ

今から3〜4年前までは、ユーザがインターネット上で自分で何かをライブストリーミングできる、というサービスが栄えた。LivestreamやUstream、Justin.tvなどなどの企業が、オンラインのライブ放送のための、簡単で使いやすいツールをユーザに提供した。それらは、モバイルにも対応できた。

しかし、その後ブームは去り、モバイルのライブストリーミングもあまり人気がなくなった。でも日本のあるスタートアップが、この状況を変えようとしている。しかもそれは、少しずつファンを集めているようだ。

Moi Corporationは、日本のモバイルライブストリーミングアプリ(+デスクトップアプリケーション)TwitCastingのオーナー会社だが、このほど500万ドルの資金を獲得して国際展開を目指している。その投資ラウンドを仕切ったのはインドネシアのSinar Mas Group、これに日本のシード投資家East Venturesが参加した。

TwitCastingのアプリケーションは、放送と視聴の二本立てだ。それに、放送者も視聴者も互いにチャットできる。制作は2010年だったが、徐々にファンが集まり、最初の2年でユーザ数が100万に達した。昨年末では、650万人に成長している。

CEOのYosuke Akamatsuによると、急成長の鍵は同社のライブストリーミング技術、とりわけ、ネットワークの接続の質が少々お粗末でも迅速かつ容易にブロードキャストができる点にある。ストリームが、ネットワークのクォリティに合わせて自動的に調整されるので、ユーザは細い帯域でも十分にブロードキャストできる。

このアプリケーションでは、一つのユーザアカウントで最大4人までがモバイルでブロードキャストできる。またそのブロードキャストは、TwitterやFacebookなどのSNSの上で共有できる。

このアプリはとくに日本とブラジルで広く使われているが、今Moi社は、市場を世界のそのほかの国にも拡張したいと願っている。もちろん、500万ドルがそれを可能にするだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 139 other followers