%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8EFF%E3%81%8CNSA%E3%81%AE%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E4%B8%8A%E7%A9%BA%E3%81%AB%E6%8A%97%E8%AD%B0%E3%81%AE%E6%B0%97%E7%90%83%E3%82%92%E9%A3%9B%E3%81%B0%E3%81%99

グリーンピースとEFFがNSAの巨大データセンター上空に抗議の気球を飛ばす

なんとまあ大胆な!

政府が巨大なデータセンターを作って、そこに世界中から吸い上げた大量のデータを保存しようとしているとき、何をすべきか? 一日中考えても、名案は浮かばないかもしれない。でもFirefly教えてくれた空(そら)は誰のものでもない、と。

そこでGreenpeace(グリーンピース)とEFFとTenth Amendment Center(憲法修正10条センター)が一緒になって、 気球をデータセンターの周辺に飛ばした。 EFFのブログ記事によると、この飛行は“政府の違法な大量監視事業に抗議する”ために行われた。

このビデオを見てみよう:

ぶざまなつぎあてではあったが、NSAを改革しようとする側の努力は、多少の勝利を勝ち取ることができた。

本日(米国時間6/27)政府が発表したNSAの透明性に関する報告書は、あまり詳細ではなかったけど、ないよりはましだ。下院で成立した修正予算は、バックドアの強制と対外諜報監視法702項による合衆国国民の監視を、予算項目から除去した。NSAを統制するための法案も下院を通過したが、かなり骨抜きになっている。上院や主な改革団体は、再修正を要望している。

NSAの監視活動を阻止したいと願う人びとにとっては、まだまだ多くの不満が残っている。

画像クレジット: Greenpeace

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers