Android%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%81%AE1%2F4%E5%BC%B1%E3%81%97%E3%81%8BAndroid%20Wear%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%83%81%E3%81%A8%E5%AF%BE%E8%A9%B1%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84

Androidスマートフォンの1/4弱しかAndroid Wearウォッチと対話できない

あの、おしゃれなAndroid Wearスマートウォッチを、あなたも一つ欲しいかな? 当然だよね。まだ世に出たばかりなのに、Android Wearは意外なほどかっこいい。

でも、気をつけた方がいい。今のところは、ウォッチと相性の悪いスマートフォンが多いのだ。

この問題は、Androidそのものと同じぐらい古い。つまり、今のAndroidスマートフォンの多くは、古いソフトが動いている。多くというより、ほとんどが。

いまどき、そんなこと、信じられる?

Googleが挙げている数字では、今世界中に出回っているAndroid携帯の13.6%が、Android OSの最新バージョンAndroid 4.4を使用している。

この13.6%の計算のベースに、今では使われていないG1機などは入っていない。2014年6月4日現在で、実際に動いているAndroid機がベースだ。

一方、Android Wearウォッチは、Android 4.3以上を搭載しているスマートフォンでないとコミュニケーションできない。

アクティブなAndroid携帯の23.9%がAndroid 4.3または4.4なので、Android WearフレンドリなAndroidスマートフォンは全体の1/4弱だ。

もちろんこの数字は徐々に大きくなるだろうが、その歩みは遅い。4.3/4.4が23.9%になるのにも、1年近くかかっている。

これは、Android Wear機のメーカーにとって厳しい状況だ。しばらくは、どんなウォッチを出しても、大ヒットにはならないだろう。しかもまだ、分かちあうパイの大きさが小さい。それに、そのパイの3/4は生焼けだった。

(Android Wearウォッチをギフトとして贈ることも難しい。相手の携帯の機種などを、前もって知る必要がある。)

もちろん、Samsung/LG/Moto/ASUS/などなどがAndroid Wearウォッチを早々と発売したのは、たいへんすばらしいことだ。問題は、出足がそれほどよろしくないだろう、ということ。これらの初期製品の発売は、一種の市場調査と考えた方がいいかな。

自分が今持ってるAndroid携帯のOSのバージョンなどがよくわからない人は、Googleがここでチェックしてくれる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Shun Usami
多方面で取り上げていただきありがとうございます。この夏、アプリを体験し、1日で1000単語の単語学習…
mmgamess
違う。任天堂はハードの利益をソフトの開発費に当てられるからこそ他より高品質なソフトが作れる。ハードを…
Atsuhiro Teshima
単語学習では、なぜか国際展開を全然しないiKnowがレベル高いと思うのでこちらにも頑張って欲しい。英…
名無し
単語を見る→知ってるか知らないかを判別する→それを繰り返して→知ってる単語を増やすという流れですよね…