%E5%BF%83%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%81%8C%E3%80%81%E8%84%B3%E3%82%92%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%99%E3%82%8B

心を読むマシンが、脳をハックする

スターウォーズは、心で物を動かすというアイデアの種を35年前にまいた。そのアイデアはこの数年間で急速な進歩を見せ、今現実となった。Emotivは、そのテクノロジーの最先端にあり、おもちゃのクルマを走らせたり、四肢麻痺者がDJのように音楽をミックスしたりすることを、脳の力だけ行うヘッドギアを開発した。

システムは、ヘッドギアに内蔵されたEmotiv EEG[脳波測定]デバイスを使って、人の脳波を読み取ることによって働く。装置は〈脳-コンピュータ〉インターフェースを通じて感情、興味、その他もろもろの信号を検知する。少々慣れが必要だが、上のビデオにあるように、ジェダイのスキルを使って、心で思うだけで物を動かすことができる。

この技術には様々な応用の可能性がある。障害者が史上最高のDJになったり、ビデオゲームをプレイしたり、ロボットアームに命令することが、心で思うだけでできてしまう。てんかん、HDHD、睡眠障害、一時的パニック障害等の人々が、心を落ち着かせ集中するのにも役立つ可能性がある。オーストラリアのロイヤル・オートモビル・クラブが委託したあるプロジェクトでは、Emotivを安全運転の促進に使っている。実験では、注意をそらされた運転者の脳シグナルを検知して、路上で車を減速あるいは停止されている。

そして、それは市場調査の世界にも踏み込んでいく。Emotivは、人が何かを本当に好きかどうかを、店でその商品を見た時の脳シグナルの反応を検知するだけで知ることができる。これを使えば、リサーチャーは、どの商品に人気か出るかどうかを質問すらすることなく知ることができる。脳の中を見るだけだ。

このテクノロジーの大きな脅威は、脳スパイウェアだ ― 特にビデオゲームの中で。認知神経のフィードバックを読み取ることによって、ゲームのレスポンスを高めることができだけでなく、ユーザーのプライベート情報や思考プロセスを、本人が知らなう間にハッカーに盗まれることもあり得る。盗んだ脳波シグナルから、銀行の暗証番号や、精神疾患を持っていることや、薬物依存があることなどが暴かれる可能性がある、とこの2013年の論文に書かれている。

Emotivは、EPOC版およびEEG版のシステムを提供している。EPOCヘッドセット(定価299ドル)では、デベロッパーがライセンスされたSDKを使って独自のアプリケーションを作ることができる。EEGヘッドセット(750ドル)は、EPOCの機能に加えて、EEGの生データを使って調査を行うことが可能だ。

このテクノロジーにはまだ長い道のりが残されているが、現時点で、四肢まひのDJがバーチャルワールドを動き回ったり、精神疾患を発見したり、市場調査を実施するために脳波を使えるところまできていることは、実に印象深い。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers