Oculus Rift、第2世代ヘッドセットを7月14日から出荷。予約は4万5000台以上

次の記事

Dropboxが企業ユーザを安心させるためにフォルダのパーミッション設定を社員一人々々の粒度に

今年3月、Oculusは開発中の第2世代バーチャルリアリティー・ヘッドセットを、350ドルで予約受付を開始し。新ヘッドセットが実際にいつ出荷されるのかは誰も知らなかった ― 「7月のいつか」という目標を除いて。

Oculusファンフォーラムでは、同社が今日詳細を発表するという噂だったが、その通りになった。Oculusは、最初のDK2(開発キット#2)ヘッドセットを、7月14日に出荷開始すると先ほど発表した

悪い知らせ:あの、あま~いFacebookマネーがバックにありながらも、彼らは予約注文をさばききれない ― このため早期に注文した人以外は、しばらく待つことになるだろう。Oculusは、4万5000台以上のDK2の予約注文を受けているが、今月出荷されるヘッドセットはわずか1万台だ。

ファウンダーのPalmer Luckeyは、最初の36時間だけで1万2500台の予約があったと以前話していた。つまり、2日目に注文した人でさえ、数週間は商品を受け取れないかもしれない。

ご参考。Oculusが第1世代のRiftを作るための「材料が底をつく」までに、彼らは約5万台を販売した。4万5000台の予約を受けている第2世代の開発キットが、初代を越えることはもう間違いない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在241人フォロワーがいます。