%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%82%A2%E5%B7%9E%E9%81%B8%E5%87%BA%E6%B0%91%E4%B8%BB%E5%85%9A%E4%B8%8B%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%80%81.wine%20%E3%83%89%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AB%E5%8F%8D%E5%AF%BE%E8%A6%81%E8%AB%8B

カリフォルニア州選出民主党下院議員、.wine ドメインに反対要請

去る5月、カリフォルニア州選出民主党下院議員マイク・トムソンが、Internet Corporation for Assigning Names and Numbers(インターネットのドメイン名、IPアドレスを管理する非営利組織、ICANN)に,書簡を送り、.wine および .vin ドメインを「いかなる申請者」にも割当てないよう要請した。転売目的のドメイン名占拠を恐れてのことだ。

トムソン議員の選挙区、カリフォルニア5区には、ワインカントリーとして名高いナパバレーがある。

おそらく彼が心配しているのは、新たなジェネリックトップレベルドメイン(gTLD)が作られると、.wine および .vin ドメインへの殺倒騒ぎが起きることだ。もちろんワイナリーは、自分たちの名前である .wine や .vin を他人にさらわれることを望んでいないので、保護を求めている。

別のカリフォルニア州選出民主党議員も、同じ要求の書簡をICANNに送っている。アンナ・エシュー下院議員は、ワインを表す2つのgTLDを「永久に対象から外す」ことを要請した。The Hillの報道によると、彼女の書簡は先週送付されたが、最近になって公表された。彼女の選挙区はシリコンバレーの大部分を含んでいる。

今あるgTLDの数にはいささか驚かされる。そして、そのインパクトの小ささにも。例えば私は、alexander.ninja を買うことができる。誰でも .ninja ドメインを買えることをご存じだろうか。私は知らなかった。

数千のワイナリーが、これらのgTLD作成に対し、一致団結して反対している。

いろいろ考えた結果私は次の結論に達した。.rich や solar や .lightning ドメインを登録できて、alexthinks.scotchwhiskeyisgreat は登録できないような時代に、私は住みたくない。

画像:FLICKRユーザー、CHRISTIAN HAUGEN CC BY-SA 2.0ライセンスによる(画像はトリミングされている)

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers