%E6%A4%8D%E7%89%A9%E5%8D%B5%E3%81%AEHampton%20Creek%E3%81%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%92%E6%A7%8B%E6%83%B3%3A%20%E2%80%9C%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E3%82%84%E9%A3%9F%E5%93%81%E7%94%A3%E6%A5%AD%E3%81%AF%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%81%AE%E7%9F%A5%E8%AD%98%E3%81%8C%E8%B2%A7%E3%81%97%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B%E2%80%9D

植物卵のHampton Creekが世界最大の植物データベースを構想: “これまでの農業や食品産業は植物の知識が貧しすぎる”

How A Former Google Data Guy Could Change What We Eat For Breakfast

Hampton Creekが作っている植物性の卵”Just Mayo”が、今週から1ドルショップ〔≒100円ショップ〕Dollar Treeでも買えるようになり、まずそれはサンフランシスコ都心の9万平方フィートのお店に登場する。それだけでなく同社はこのほど、Googleの中心的なデータサイエンティストDan Zigmondをスカウトした。その理由は?食品産業の全体をかきまぜる(スクランブルする)ためだ。

Zigmondは過去8年間、YouTubeとGoogle Mapsで複雑なデータと格闘してきた。彼がこれからやりたいのは、Hampton Creekで世界最大の植物のデータベースを作ることだ。そしてそれが結果的に、アメリカ人の食生活に大きな変革をもたらす、と彼は考えている。そこで、まず…

Google Mapsのスペシャリストとアメリカ人の肥満と何の関係があるのか?

Googleの本職のデータサイエンティストとマヨネーズ会社が“アメリカ的食生活”(Standard American Diet, SAD)を変える、といっても、ぴんとこない人が多いと思われるが、Hampton CreekのCEO Josh Tetrickによると、Zigmondにはそれができる、という。“Danは膨大な量のデータを分析して、そこからいろんなリアルな関連性を見つけ出す天才だ”。彼の言う“リアルな関連性”とは、そのデータベースを見るとどの植物がわれわれの惑星上に起きている変化に影響を及ぼしているのかが分かる、という意味だ。

私たちは、ジャンクフードを食べ過ぎている。もっと、植物を摂らないとだめだ! 最新のUSDAの調査〔合衆国農務省〕によると、アメリカ人は畜肉、精製穀物、そして不健康な脂肪の摂り過ぎだ。

feb13_feature_guthrie_fig01

アメリカ人の肉類の消費量は減っている、という研究データもあるが、でも世界全体では肉の消費は増えている。それは世界人口の底辺部分の栄養状態が良くなり、世界の経済が良くなりつつあることの兆しでもあるが、しかし同時にそれは、環境への負荷と健康被害が増大していることを意味している。 アメリカなど先進国の畜産業も、この点では威張れない。Wired誌の上記の記事が描いている動物虐待やアニマルライト(animal rights, 動物の権利)の問題をしばし忘れるとしても、われわれのハンバーガーの中にある1/4ポンドのビーフパティを作るために5〜6ポンドのコーンと52ガロンの水と、1000BTU以上の化石燃料が必要であることを、考えてみよう。

Ead9mnWWXdJEMTK59ccq1BYVTEnJlejlRDwWugN82eg

コーンや大豆製品の過剰消費がアメリカ人のウェストラインを大幅に増やしている。健康的な有機栽培の果物よりも、精製食品や加工食品の方が安いから、そうなるのかもしれない。20世紀前半の大恐慌時に制定された合衆国農業法は、農家によるコーンや大豆など特定作物の増産を奨励している。この法は、りんごではなく、ポテトチップやキャンディーバーの味方だ。

rebranding-high-fructose-corn-syrup-corn-sugar

obesity1

肥満と低所得との相関性は、否定できない事実だ。スーパーで安く買える食品はカロリーばかり高く、全体的な栄養価は低い。そういう食品は、農業法が奨励しているコーンや大豆が原料であることが多い。合衆国では成人の1/3が肥満だから、およそ1億あまりの人びとが糖尿病や心臓病の高いリスクを抱えている。2008年には、国民の年間の医療費の合計が1470億ドルという天文学的な額に達した!

yfKbZFXSGgG1wKoykake9mkntaDbS1WqcqngO1KsSkA

世界最大の植物のデータベースを、こういった問題の解決に資する形で作ることは、けっして容易ではない。世界中の既知の植物種は870万以上ある。種(species)の下の変種(variety)のレベルで数えると、その数はもっと膨大だ。

世界最大の植物データベースと世界的飢餓との関係

国連の食糧農業機構(Food and Agriculture Organization, FAO)によると、毎晩飢えてる状態で床につく人は10億人以上いる。人間が家畜に与えている食糧の量は、この人たちが食べている量よりも多い。多くの土地を、家畜のための食糧ではなく人間の食糧のために使えば、途上国の人たちも主食となる食糧を、安く豊富に手に入れることができる。

工場的農業は食糧生産の大企業による独占や寡占状態を作り出し、大量の廃棄物と、主に除草剤による土壌汚染と、労働者たちの低賃金労働と、抗生物質が効かない病原を作り出し医療費高騰の原因にもなっている。Hampton Creekがこのデータベースの効用として構想しているのは、世界各国の農家や農業行政担当者たちの植物知識の増大と詳細化により、新たな換金作物がたくさん見つかり、農業地域における作物種生態系の多様化、すなわち自然環境の健康化をもたらし、ひいては地球全体の環境を良くしていくことだ。今のアメリカの農業のような大規模単作(膨大な土地面積がコーンならコーンだけとか)とは、対極の姿だ。そうなれば多様な農作物の低コストで健康的な栽培が可能になり、世界中の農家が家族を養えるようになり、小規模農家のコミュニティが栄え、しかも、消費者の健康にも貢献する。

データを読み解く

同社の研究チームは、これまでに4000種の植物を調べ、Hampton Creekの今の製品に適した粘稠度、味、および低費用性を備えた13種を選び出した。Tetrickはこう言う: “卵をスクランブルするんじゃなくて、植物をスクランブルして、正しい性質をもった種を探した”。

Hampton Creekは主にマヨネーズで知られているが、卵抜きクッキーの生地も売っている。近く、スクランブルエッグの味のするスクランブルピー(pea, 豆)も売り出す予定だ。 Tetrickによれば、その世界最大の植物データベースがあれば、今のような卵代替製品だけでなく、もっと製品を多様化できる。たとえば、砂糖の摂取量を減らすことのできるおいしい甘味料も、まだ市場に出ていないさまざまな植物から作れる。

同社のもう一つの目的は、安価に買えて日常的に常食できる食品を提供することだ。しかもそれの栽培〜生産が地球の環境に貢献するものでなければならない。“今回100円ショップに出したのも、そのためだ。うちのおやじなんかが、いつでも気軽に、何も考えずに買えなければ、いくら健康的とか言っても意味ないからね”、とTetrickは言う。“今のような、値段の高い健康食品は、多くの人の健康に貢献していない”。

データを売る

Zigmondを招いて世界最大の植物データベースを作ることになれば、Hampton Creekは、植物の食品適性に関する膨大で詳細な知識を入手することになる。だから今後の製品開発においても、断然有利だ。直接の商品化適性だけでなく、ほかの動物や環境への影響についても、分かるようになる。

たとえば今のTetrickは、カナダ黄色豆のある変種が、同社の植物卵に合った物理性を持っていることを、知っている。つまりその豆は、粘稠度が同社の製品に合っているのだ。でも、そんな豆の存在をたまたま知るのではなく、世界中の種からいろいろ見つけ出すことは、今の同社にもできない。カナダ黄色豆だけでも、変種は2000種類以上あるのだ。

すべての植物の食物(食品)適性について、網羅的な知識が得られるようになると、より安くて、より安全で、より健康的な製品を作りやすくなる。大企業が大金を投じてそんな知識を取得するのではなく、それは世界中のどんな農家でもアクセスできる情報でなければ意味がない。Tetrickはすでに、いくつかの食品大企業と、そのデータベースのライセンスについて話し合いを始めている。

“どこかの大企業がうちに10億ドルを出して、そのデータベースの権利を買い取ろうとしても、ノーと言うだろう”。同社の研究資金はすでに3000万ドルを、Bill Gates FoundationやFounders Fund、Google Venturesなどから得ている。現在の同社は、すでに経営が黒字だ。 同社の”Just Mayo”製品は、全米のWhole Foods、Safeway、Costco、それに今度からはDollar Treeで売られている。

中でもとくにDollar Treeが、“うちのおやじでも気軽に買える”という意味で、同社のねらいにぴったり合っている。Tetrickが、大手食品企業に対して情報を積極的に開示しているのも、健康的な食品の安価な日常化大衆化が彼の中心的なビジョンだからだ。Tetrickはその植物データベースに、日常的な食品に含まれている植物のデータも入れたい、と考えている。今のように、健康と財布を秤にかけながら健康食品を買うのではなく、究極的にはすべての食品が安価で健康的な食品になるために、その網羅的悉皆的な植物データベースが、全農業、そして全食品産業のために、役立つだろう。“世界を変えるほどでっかいものを作りたいんだ”、というTetrickと、そしてZigmondは、どちらもそれにぴったりの役柄だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 134 other followers