Google%E3%81%AEStreet%20View%E3%81%8C%E4%BB%8A%E5%BA%A6%E3%81%AF%E8%B1%AA%E8%8F%AF%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%BA%E8%88%B9%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%B8

GoogleのStreet Viewが今度は豪華クルーズ船の中へ

【抄訳】

今日(米国時間7/7)Googleは、Google MapsのStreet Viewの、あの各部を縫い合わせたようなパノラマに初めて、海の上の大型船を加えた。それはRoyal Caribbean International社のクルーズ船Allure of the Seas号だ。接近撮影の画像が2万枚もあるので、この水に浮かぶリゾート村の仮想見学旅行で休日のひまつぶしは十分にできる。

これはGoogleとRCIの提携事業で、Street Viewを利用する仮想ツアーBusiness Viewの一環だ。提携企業はこれを、マーケティング目的で利用する。

Googleが合衆国だけを対象にヴィジュアルマッピング技術Street Viewを始めたのは 2007年だが、そのときはみんながびっくりした。すごい!、と感じた。

でも、次第に道端の光景は飽きられ、Street Viewがニュースになるのはプライバシーの問題が起きたときだけ、という状況になってきた。たとえばセレブたちは、自分の家を消せぼやかせ、とGoogleに迫った。

しかしGoogleはStreet Viewが忘れられた存在になることをおそれ、今度は次々と珍しい場所にレンズを向けるようになった。ブラジルのワールドカップのすべてのスタジアム、アンコールワットの有名な寺院グランドキャニオン、世界で最も高い山々、それに世界各地動物園。範囲はタテ方向にも伸びて今度は海中、イギリスの地味だけど客数が二番目に多いGatwick空港、空間だけでなく時間方向にも伸びて過去。…挙げていくと、きりがない。〔廃墟(日本の軍艦島)も。〕

逆に、Street Viewを絶対に撮らないところは、当然ながら、刑務所、戦場、軍事基地、難民収容所、亡命希望者のための保護収容施設、領土問題のあるところ、などなどだ。

【後略】

Street View cruise ship

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

あうあう
それでもバカはカツアゲをするし、心の弱い奴はカツアゲされても文句を言わずにカツアゲされ続ける。バカな…
hakujira
確かに引き出し手数料だけではどう考えてもペイしないので客寄せなんでしょうね....。
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers