ISP%E3%81%AB%E9%87%91%E3%82%92%E6%89%95%E3%81%88%E3%81%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%AE%E9%AB%98%E9%80%9F%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%92%E4%BD%BF%E3%81%88%E3%82%8B%E2%80%A6%E6%96%B0%E6%B3%95%EF%BC%88%E6%82%AA%E6%B3%95%3F%EF%BC%89%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%97647000%E9%80%9A%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%88%AC%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%8C%E9%9B%86%E3%81%BE%E3%82%8B

ISPに金を払えばインターネットの高速レーンを使える…新法(悪法?)に対し647000通の一般意見が集まる

わずか数か月後にFCCは、お金を払える企業にISPたちが“高速レーン”を提供してよい、という新しい規則を発布することになっている。FCCにとっては、それを禁ずることができなかった、という業界関係の事情があるようだ。

ISPが恣意的に高速なデータ伝送のできるサイトを決められるなら、競争は単純にお金を払える払えないの問題になってしまう。NetflixやESPNが勝者になり、Disneyやスタートアップは負ける。きみも、ぼくも、ほとんどの人が敗者になる。ISPの連中以外は。

インターネットのオープン性が危機に瀕している。でも、どれだけの人が関心を持っているのだろう?

64万7000人だ。だいたいのところ。

これは、FCCのTom Wheeler委員長がツイートで言っている、これまでに同委員会が受け取った一般意見の数だ。

[私たちはネットの中立性に関する一般意見を今のところ647k件いただいている。みなさんからのインプットを、これからも続けていただきたい。意見聴取の第一ラウンドは、7月15日までです。]

Tom Wheeler曰く: 意見送付をもっと続けてほしい

4日後には意見聴取過程が“応答”のフェーズ(第二ラウンド)に入る。最初に集まった意見は、その時点で一般公開される。ほかの人たちが何と言ってるか分かるし、それらに対する賛成/不賛成を表明できる。

この問題を復習したい人は、上のビデオでJohn Oliverが誰よりも分かりやすく解説しているから、ご覧いただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 139 other followers