IBM%E3%80%81Q2%E3%81%AE%E5%A3%B2%E4%B8%8A243%E5%84%84%E3%83%89%E3%83%AB%E3%80%81EPS%204.32%E3%83%89%E3%83%AB%E3%81%A7%E4%BA%88%E6%B8%AC%E3%82%92%E4%B8%8A%E5%9B%9E%E3%82%8B%E3%82%82%E6%A0%AA%E4%BE%A1%E3%81%AF%E4%B8%8B%E8%90%BD

IBM、Q2の売上243億ドル、EPS 4.32ドルで予測を上回るも株価は下落

IBMは、第2四半期で市場予測を上回る結果を残しながらも、株価は、業績発表以来、下がっている。同社の売上は243.6億ドル、非GAAP 1株当たり利益(EPS)4.32ドルだった。GAAPベースでは、4.12ドル。

アナリストは、IBMの非GAAP EPSを4.29ドル、売上を241.3億ドルと予測していた。

売上高は対前年比で2%減少した。IBMはリリース文で、同社のクラウド売上は「2014年に入って以来50%以上」成長していると語った。また「モバイル売上」も、2014年に100%「以上」増加したと言っている。

しかしこれらの収益は、同社の伝統的収益源と比べると微々たるもののようで、影響力は小さい。同社サービス事業の売上は、1%減の139億ドルだった。ソフトウェア売上は、1%増を確保し65億ドルだった。

IBMのハードウェア事業売上は、前年から11%減の33億ドル。

四半期末の負債は465億ドルで、2013年第2四半期の387億ドルから増加している。同期末の保有現金は97億ドルだった。半年間の営業純利益 ― 非GAAP ― は、前年並みだった。

なぜIBMは、予測を上回ったのに値が下がるのだろうか。2014年の非GAAP EPS 18ドルという反復された目標値は、投資家の期待するものではないのかもしれない。低成長の時期に過去の目標を再確認しても、信頼は喚起できない。いわゆる「成長市場」やBRIC諸国において、IBMが売上を落としている ― それぞれ7%、および2% ― ことも問題になりうる。

IBM CEO Virginia M. Romettyは、いつも通りポジティブな単語を連ねた。「第2四半期、当社はさらに転換を進めることができた。クラウド、ビッグデータと分析、セキュリティー、およびモバイルにおける戦略的な必須事項は、順調に実施された」。投資家は感銘を受けていない。

2日前、IBMはAppleとの広範囲にわたる提携を発表し、両社が協力してエンタープライズ市場を戦う意志を示した。IBMは、このニュースの後そこそこ株価を上げた。同社のある程度ポジティブな業績に対する反応は、すでに株価に反映されていたのかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

Tags: ,

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

Yoshifumi Murakami
どうやったら招待できるのか分かりますか?
mh
翻訳が微妙だな。Lightningと旧iPodケーブルで使用出来るみたい。
hokutotelecom
ある国の(名を秘す)タクシー。多分、女性一人では、利用できない。正規のタクシーでも、危険な乗り物。漫…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 146 other followers