車載システム

Powermatの無線充電システムが今度はキャデラックに…Qiとの互換性はなし

次の記事

壁面をタッチデバイスに変える、Android搭載プロジェクターのTouchPico

無線充電(電磁誘導式充電器)がキャデラックにやってくる。2015年型のCadillac ATSを皮切りに、その後はCTSやEscaladeにも、Powermat日本語Wikipedia〕の充電パッドが載る。残念ながら無線充電をサポートしている今のデバイスの多くはPowermatの規格ではないので、このシステムの恩恵には与らない。

Powermatの充電パッドは、キャデラックの電動式情報娯楽システムCUE Infotainment Systemのスクリーンの後ろに置かれる。ボタンを押すとスクリーンが上がって、充電パッドが顔をのぞかせる。電話機をパッドにのせると、充電が始まる。

このシステムはPMA規格のデバイスで使える。ただしそれはまだ多くなくて、比較的知られているのはDuracellのユニバーサル充電システムぐらいだ。今無線充電ができるスマートフォンの大半はQiのシステムを使っており、それはPowermatと互換性がない。

GMの車種にPowermatが載るのは、これが初めてではない。 GM Venturesが同社に500万ドルを投資したことを契機に、すでにChevy Voltのオプションになっている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在254人フォロワーがいます。