Y%20Combinator%E3%81%8C%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97LivBlends%E3%82%92%E6%94%AF%E6%8F%B4

Y CombinatorがスムージーのスタートアップLivBlendsを支援

私の理解能力を超えていることだけど、Y CombinatorSam Altmanは一体なぜ、スムージーの配達サービスなんかをYCで支援する気になったのかしら。彼らのFresh Mint Immunity(免疫力強化フレッシュミント)やCafe Mocha Energizer(モカコーヒー元気ドリンク)が、そんなに美味(おい)しかったのか? きっとそうだ。でも、そんな第二のJamba Juiceみたいな企業とテクノロジと、どんな関係があるんだろ?

LivBlendsの二人の若きファウンダElise PolezelMatthew Udompholは、

1)糖分を控えること(OdwallaやNaked Juiceの50/56グラムに対し14グラム)や、
2)加熱殺菌をしない、
3)調理法、
4)原材料、
5)著名シェフの推薦、

などにこだわっているが、そもそもこんなサービスがスケールするのか?Y Combinatorとどんな関係があるのか?

テクノロジといえば、これが彼らの“マシン”だ:

machine-front

これの名前はまだないけど、Keurigのようなスムージーメーカーで、これまでのジューサーのように洗いが面倒でない、という。これを設計〜デザインしたUdompholは、元ジュニアオリンピックの陸上選手で、MITでは電気工学とコンピュータ科学を専攻した。このマシンはセルフクリーニングタイプのブレンダーで、果物や種子類や野菜、ナッツなどを30秒で‘調理’する。

Udompholは技術をあまり詳しく説明しないが、彼と協同ファウンダのPolezelによると、スムージーを作るための容器と原材料をこのマシンにセットすると、あとはマシンに‘おまかせ’だそうだ。

machine-group

LivBlendsはスムージーを、サンフランシスコのテクノロジスタートアップや個人に配達する。オーダーはLivBlendsのWebサイトから行い、お値段は8オンスのボトルで3.25ドル、16オンスで6ドルだ。

Polezelによると、TwitterとDropboxとStripeの社員食堂ではシェフが同社のスムージーをオーダーしている。彼女の目標は、3週間ごとにスムージーの新メニューが増えることだ。8月15日に行われるY Combinatorのデモデーには、LivBlendsも出場する。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus

コメント

bd089p
指紋認証と暗証番号なんて誰でも思いつくアイデアだと思うんだけど、彼のアイディアには何か新規性があった…
おっぷる
明るいところはかなりイイネ。暗いところは相変わらずゴミだな。Z2の方が全然良い。
nekokun
2014年現在それぞれのサービスはまだ生き続けているし、売り上げも拡大しています。現在のwebサービ…
Hitoshi Anatomi
それが楽観的に期待できそうもないのでね。今まで見てきたものは全て拒否された時には暗証番号で解除できる…
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 122 other followers