3d specs
OpenGL
Khronos Group

OpenGL 3Dの次世代規格の策定作業がKhronos Groupの指揮下に始まる…ハードウェア重視、マルチスレッド、共通シェーディング言語など

次の記事

ランサーズ、2014年第1四半期の契約金額は4.5億円

OpenGLOpenCLWebGLなどの規格を管理している業界団体Khronos Groupが、通常のアップデートサイクルの一環として、今日(米国時間8/11)から行われるSIGGRAPH 2014で、デスクトップの3DアプリケーションのためのOpenGLのアップデート規格をローンチした。よりスムーズな3Dグラフィクスを作るための重要なアップデートが二つあり、それらはデベロッパの負担を軽減するだけでなく、 DirectX11からのポートをより容易にするだろう。しかしもっと重要なのは、今日この非営利団体が、次世代の3Dスタンダードを定義する作業への参加を呼びかけたことだ。

OpenGL_Color_1500_Dec09

Khronosの理事長でNvidiaのコンテンツ開発担当VPであるNeil Trevettが先週語ったところによると、それは、真に現代的な3D APIを作るための、規格の抜本的な再設計だ。Khronos Groupはその礎石的な部分に関してすでに内部的な作業を開始しており、今回はそのプロセスをエコシステム全体に対してオープンにするものだ。

OpenGLは最初、Silicon Graphicsがほとんど22年も前に開発した。そのころは、今のような多機能で高性能なGPUや、ましてやモバイルのGPUなど、誰も予想しなかった。今度作られる次世代のAPIスペックでは、同団体は完全な無からスタートして未来のスタンダードを作る。とくにTrevettが避けたいのは、分裂の激化だ。“3D対応のプラットホームがきわめて多くなっているだけに、分裂がもたらす危険はなおさら恐ろしい。必要なものは、オープンなスタンダードだ”。

2014-08-10_1127

デベロッパたちは、GPUを低レベルでコントロールできるAppleのMetalなどの便宜を、明らかに喜んでいる。次世代のOpenGLも、同様の機能を持つだろう。Trevettはより具体的に、ドライバがやることが減り、むしろハードウェアの露出量が増える、と言う。“既製のブラックボックス的なルーチンを呼ぶことよりもむしろ、デベロッパが直接ハードウェアをコントロールして実現することが増えるだろう”、と言うのだ。アプリケーションがGPUやCPUのワークロードをコントロールすることによって、パフォーマンスが上がり、こうしたらこうなるという、結果の予測の精度も上がる、と彼らは主張するのだ。

もうひとつの重要な礎石が、マルチスレディングによるオーバヘッドの軽減だ。これもまたOpenGLの最初の規格では話題にすらならなかったものであり、同団体は今これに、根底から取り組もうとしている。なお、ほかに新規格の目玉として、共通のシェーディング中間言語が導入される。これもまた、初めての取り組みだ。

すでにこの新規格の策定作業に参加している企業は、3Dグラフィクスに関わる中心的企業のほとんどすべてだ。まずハードウェア方面からはNvidia、AMD、Apple、Samsung、Intel、Sony、そしてQualcomm、そしてTrevettは、とくに3Dエンジンの大手とゲームデベロッパが重要だ、と言う: EpicとUnity、Blizzard、Valve、それにElectronic Artsだ。そのほか、Oculus VR、Pixar、Googleなども参加している。Googleは、Android用のOpenGL ESに関心がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在171人フォロワーがいます。