StarwoodホテルチェーンがクパチーノのAloftホテルに「ロボット執事」を導入

次の記事

Amazon、Local Registerでローカル支払サービスに参入―Squareより手数料が1%も低い

ロボット最近ではどこにでもいるが、今度はホテルの中を歩きまわるようになった。Starwoodは世界最大のホテルチェーンの一つだが、A.L.Oと名付けられたバトラーならぬ“ボットラー”をクパチーノのAloft Hotelに導入した。

このSavioke製のロボット執事はホテル中を歩きまわり、エレベーターに乗ることもできる。接客係としても裏方としてもでもさまざまな業務をこなせるが、当面の主な役目は客室にアメニティーを届けることにあるようだ。ホテル側はボットラーは「単純な業務を肩代わりすることによって人間の従業員がさらに創造性を要する仕事に携わる時間を増やすことができる」としている。

宿泊客が余分な歯ブラシやタオルが必要になるとホテルの従業員がロボットの荷物コンパートメントに要求されたアイテムを入れる。部屋番号を入力するとロボットは自分で道を探して配達に出かける。

WiFi/4G接続機能を備えたロボットはホテルのエレベーターソフトウェアと接続してエレベーターに乗り込み、センサーでゆくてを感知して人や物との衝突を避ける。

ホテルによれば、Botlrロボットからアイテムを受け取った客は、サービスに満足したときはチップの代わりに#MeetBotlrというハッシュタグでツイートして欲しいそうだ。ロボット執事は現在「研修中」で、実際に接客を始めるのは10月20日の予定。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在392人フォロワーがいます。