%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AA%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9C%2F%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%81%AE%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%81%AAWeb%E5%8C%96%E3%82%92%E3%81%AD%E3%82%89%E3%81%86Wavepot%E3%80%81%E3%82%88%E3%81%A1%E3%82%88%E3%81%A1%E6%AD%A9%E3%81%8D%E3%81%A0%E3%81%8C%E5%B0%86%E6%9D%A5%E6%80%A7%E3%81%AF%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%84

完全なサウンドラボ/スタジオの完全なWeb化をねらうWavepot、よちよち歩きだが将来性は大きい

ノブ回し屋さんたちはご注目を。Wavepotは、あなたの寝室やテクノ小屋などで一人っきりで、すごいホットなEDM(Electronic Dance Music)のビートをプログラムできるクールな新しい方法だ。ライブのプログラマブルなデジタルオーディオワークステーションとして設計された(現状はデジタルシグナルプロセッサに近いが)このWebサイトでは、Webページやシンプルなアプリをプログラムするような感覚で音楽とサウンドをプログラムできる。パラメータを設定し、いろんなファンクションを加える、するとそれがすぐに実行できる。JavaScriptを使っているから。

いまのところサウンドと波形をシーケンスできるだけだが、究極の目標は、すべての機能が揃ったマルチトラックのレコーディングシステムをブラウザ上に提供することだ。プログラムをサイドメニューからロードして、そのプログラムをリアルタイムで書き換えることもできる。たとえば”got some 303″の192行の”saw”(ノコギリ波)を”sin”(正弦波)に入れ替えるだけで、まったく新しいリフになる(下図)。


〔ここにスライドが表示されない場合は、原文を見てください。〕

今このサイトでは、会社などで遊ぶとほかの人の迷惑になるようなことしかできないが、チームは機能強化のために寄付を募っている。また、なかなかしっかりしたフォーラムもあり、そこではお互いのサウンドやプログラムの共有が行われている。今のあなたはBurning ManのためのEDMで忙しいかもしれないが、このWavepotも一見の価値はある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

広告

blog comments powered by Disqus
フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

Join 145 other followers