Apple、iOS 8.0.1アップデートの公開を中止。iPhone 6/6 Plusに重大障害が発生

次の記事

心拍認証のBionymが早くもシリーズAで$14Mの大金を獲得…パスワード離れが一大産業に?

アップデートAppleはiOS 8.0.1アップデートの公開を中止し、近々修正版が出る模様。現時点では、iPhone 6およびiPhone 6 Plusユーザーのみが影響を受けているようだ。Apple広報担当者から以下の声明を受け取った。

「iOS 8.0.1アップデートに問題があるという報告を受けた。現在鋭意調査中であり、できるだけ早く情報を提供する予定。iOS 8.0.1アップデートの公開は中止した。

問題のアップデートで被害に遭った人は、iTunes経由で、iOS 8.0ファームウェアを復帰されると修正できるようだ。コンピューター環境のない人には、Apple Storeが支援してくれるはずだ ― 本誌のSarah Perezが現在地元のストアで、何人かの影響を受けたユーザーにこの修正が施されているのを見た。

警告! 多くのiPhone 6および6 Plusユーザー(私を含む)が、このアップデート適用後に携帯電話サービスが使用不能になり、Touch IDも認識されていないようだ。これは、WiFi経由のアップデートに特有な現象である可能性もあり、iTunes経由でアップデートしたユーザーで正常に動作しているという報告もある。安全を期して、どのiPhoneモデルのユーザーも、状況が確認されるまでこのアップデートの適用控えるべきだ。

Appleは、iOS 8の公開から間もなく新バージョンを提供した。8.0.1アップデートは、いくつかのバグを修正したが、最も重要だったのは、ヘルスキットアプリが立ち上がらないバグの修正だ。サードパーティー製ソフトウェアキーボードでもいくつかのバグが修正された。

下の画像(英文)にあるように、Appleは他にも、フォトライブラリーで一部の写真が表示されない問題や、iPhone 6、6 Plusのホームボタンをダブルタッチして片手操作をしやすくする機能、その他いくつかの細かいバグ修正を行っていた。

IMG_0056このアップデートで、ヘルスキットアプリが動作するようになるはずだ。アプリのデータが、どうヘルスアプリに入力され、Appleがどのようにアプリ間でデータを共有されるのかを見られることになる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。