Tesla
oatmeal
the oatmeal

Nikola Tesla記念博物館、旧研究室は買えたので建設資金を募集中…レンガにあなたの名前が刻まれる

次の記事

急げ! TechCrunch Tokyoスタートアップバトル応募締め切りは1週間後の金曜日!

tesla

Oatmeal、本名Matthew Inman、“あなたのFacebookフィードを数週間に一回漫画にしてくれるアーチスト”が、またあれを始めた。

彼はNikola Teslaの記念博物館を作るために、ニューヨークにあるTeslaのかつての研究室を買い上げるための金集めには成功した。Inmanは電気カーTeslaを作っているElon Muskにおねだりして、100万ドルを手に入れた。さて今度は、実際に博物館を作らなければならない。

建設資金を調達するためにInmanは再び、クラウドファンディングに頼ることにした。そして、その出足は好調だ。

今回彼は、巧妙な仕掛けを施した。寄金者自身も十分な充足感達成感を感じられるために、外壁用のレンガに寄付者の名前を彫り込むことにした。自分の名前でも、複数の名前でも、何かのイラストでもよい。もちろんメッセージでもよい。寄付金の額が多い人は、そんなレンガの数も多くなる。

[図解: その仕組み…あなたのメッセージが永遠に遺る]
Screen Shot 2014-09-25 at 1.12.07 PM

しかも、これをもっとおもしろくするために、Inmanはある種の競争性を導入した。“早くレンガを買った人ほど、自分の好きな良い場所を選べます。Teslaの像の近くとか、塔の下とか”。

このキャンペーンは数時間前にスタートしたばかりだが、早くも目標の20万ドルに達しそうだ。“一等地”はすべて売れてしまっただろう。でも、なんといってもTesla記念博物館の外壁だから、どこだって一等地だよね。

そのお金は何に使うのか?

レンガなどの外装工事のほかに、危険な廃棄物の処理もしなければならない(マッドサイエンティストのラボには危険な廃棄物がごろごろしてるだろう)。また建物内部のリフォームも必要だ。

Screen Shot 2014-09-25 at 1.10.23 PM

レンガ一つに125ドルも出せない? では24ドル出してTシャツ(上図)をもらうのはどう? 利益の15ドルが博物館へ行く。今すでに約3000着売れているから、45000ドルが博物館の建設資金になる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))