Facebook、モバイルアプリ用「いいね!ボタン」を正式公開

次の記事

これはCGです

ウェブの大部分がモバイルネイティブアプリへと移行するにつれ、Facebookはその中のコンテンツを自らの塀の内側へと囲い込む方法が必要だった。そして4月のf8会議でのプレビューに続き、Facebookは今日(米国時間10/2)正式にモバイル「いいね!」ボタンを公開し、iOSとAndroidの全デベロッパーに対して、彼らのユーザーがアプリ内から簡単に、コンテンツをニュースフィードでシェアする方法を提供した。

モバイルいいね!ボタンは、Facebookページやアプリのオープングラフオブジェクトを「いいね!」したり、コンテンツあるいはゲームであるレベルをクリアした時等の達成記録をシェアするために使用できる。Facebookによると、「いいね!」および「シェア」ボタンは毎日1000万箇所のウェブサイトで見られているが、ネイティブアプリで利用するために必要なパワーとデザインには、モバイルウェブ技術が追いついていなかった。これでFacebookは、サードパーティーデベロッパーのモバイル体験に足を踏み入れ、ストーリーを持ち帰ることによって、フィードへの興味を高め、ユーザーの目を自らの広告に向けられるようになる。

モバイルいいね!ボタンのiOSおよびAndroidアプリでの見え方はこんな感じだ:

Screen Shot 2014-10-02 at 9.51.51 AM

ボタンをタップすると、現在のアプリからFacebookアプリへ高速アプリ切替えが行われ、確認ダイアログが表示される。ユーザーが「いいね!」を承認または拒否すると、すぐ元のアプリに戻る。

851537_1401798023434189_1515677431_n

ゲームで使われている例をいくつか下に示す。最初のゲームは、ゲーム内コンテンツの一つを「いいね!」する場面で、2番目はアプリ内でデベロッパーページを「いいね!」する画面、そして3番目はゲーム内でオープングラフオブジェクトに「いいね!」をつける様子だ。

10540977_1702953726597279_521768045_n

Facebookのウェブいいね!ボタンは、インターネット全体からコンテンツを吸い上げてくるだけでなく、Facebookを至る所に現れるユビキタスブランドに変えた。Facebookに登録していない人は、どのニュースページやブランドのウェブサイトに行っても、あのボタンが散乱しているので、常にこのソーシャルネットワークの世界的存在感を見せつけられる。Facebookがそれらのボタンの存在感とフィードへのコンテンツ吸い上げと引き換えに、デベロッパーやサイト運営者に参照トラフィックを送り込むという、価値交換システムが作られることによって、世界中のウェブページは、Facebookロゴで自分を埋めつくすインセンティブを与えられてきた。

そして今、Facebookはモバイルも同じように植民地化しようとしている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。