iPad Air 2
iPad mini 3
Apple

iPadは種類が多すぎる―迷ったらこうして選ぼう

次の記事

デベロッパ教育に心と金を使う企業が安定と成功を勝ち取る

多くの消費者にとってどのiPadを買ったらいいのか、選択が難しくなってきたのではないか? 予期されたとおり、Appleは今朝(米国時間10/16)、新しくPad mini3Pad Air2を発表した。しかし既存製品の一部は販売が継続されたので、iPadのモデルは5種類になった。しかもそれぞれのモデルにはWi-Fiとセルラーがあり、色とメモリーサイズも各種揃っている。

新製品のうちiPad Air 2はAppleのタブレットのフラグシップモデルとなるフルサイズiPadで、新たにTouch ID指紋認証センサーが加えられた。これはApple Pay!での支払いに使われることを考えると当然の追加だろう。ボディーは薄くなり、カメラ、CPU、GPUが改良された。その他にも細かい技術的な改良点があるが、読者がママやおばあちゃんに説明するときにいちいち説明する必要があるものではなさそうだ(ゴールドが出たよとは言うだろうが)。

気圧計が装備されたので将来、ユーザーの位置だけでなく高度も測れるようになるだろう。Hacker Newsによると軽飛行機のパイロットはそれを楽しみにしている。

では価格を見てみよう。

  • Wi-Fi接続:499ドル、599ドル、699ドル(それぞれ16GB、64GB、128GB)
  • Wi-Fi +セルラー接続: 629ドル、729ドル、829ドル(同上)

ipad-mac-event0192

ipad-mac-event0193

iPad mini 3は次のとおりだ。

  • Wi-Fi:399ドル、499ドルj、599ドル(それぞれ16GB、64GB、128GB)
  • Wi-Fi+セルラー: C529ドル、629ドル、729ドル(同上)

ipad-mac-event0196

ipad-mac-event0197

おっと、これだけではなかった。

上でも述べたようにAppleは既存モデルの一部も継続販売する。オリジナルのiPad mini、昨年のRetina mini(iPad mini 2)、iPad Airは、WiFi+セルラー版の場合、それぞれ249ドル、299ド399ドルからとなっている。Wi-Fi接続版は従来の価格より値下げされた

わからないのはなぜAppleがベーシック・Modelとして32GBを出さないのかという点だ。いまどき16GBがどんな役に立つというのだろう? HDでビデオを撮影したり、ちょっとしたゲームをダウンロードしたらファイルがどのくらいのサイズになるのかAppleは知らないのだろうか?

おそらくAppleは市場に出回っている低価格タブレットに対抗するためにカタログに載せる最低価格モデルとして16GBを捨てられないのだろう。今やかなり高性能のAndroidタブレットも手頃な価格にが下がってきた。Googleの16GBのNexus 7は現在、229ドルだ、近く発売されるNexus 9は400ドルからだ。

また企業が大量に購入して社員に配布する場合、大容量、最新のModelは必要ない場合が多い。そのためにも低価格Modelを落とすわけにはいかないのだろう。

RECSOLU_iPads

しかし一般ユーザーの目から見ると、AppleのiPadの製品ラインはSamsungに似てきた。「シンブルであること」を至上の価値としてきたAppleの製品ラインがこれほど込み入ってくるというのはいささか奇妙だ。

もしどのiPadを買うべきか迷っているなら、次のようなステップで選べばよい。大か小か? 予算はどれほどか? それで最適のiPadが選べる、と思う。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

【以上】