sim
ガジェット
Apple

Appleが作ったSIMカードは、AT&TとSprintとT-Mobileを切り換えられる

次の記事

iOS 8.1は火曜に公開―目玉はApple Pay、iCloud写真ライブラリー、カメラロールも復活

apple sim
おおーっ ― 今日の発表でAppleが触れなかった興味深い事実が見つかった。AppleはSIMカードを作っていて、それを使うとAT&T、Sprint、およびT-Mobileの間を差し替えることなく行き来できるらしい(あるいはキャリアを変える時にSIMカードを調べて買う必要がない)。

iPad Air 2の無線通信に関するページで、AppleはこのSIMを ― ふさわしくも ― “Apple SIM” と呼んでいる。

そこにはこう説明されている:

Apple SIMは、米国および英国で一部キャリアの様々な短期プランを選ぶ際の柔軟性を提供します。これで必要になった時はいつでも、あなたに最適なプランを ― 長期契約に縛られることなく ― 選ぶことができます。そして旅行する際にも、地元キャリアのデータプランをその期間中利用することができます。

このApple SIMは、今のところ単体で購入できるものではないようだが(私は古いiPad Miniのために絶対買いたい)、携帯通信付iPad Air 2には同梱されるようだ。

この1枚のSIMは、現在米国ではAT&T、Sprint、およびT-Mobile、英国ではEEに対応している。このリストは、時間と共に、またキャリアがこの選択肢に入って〈いない〉のはビジネスにとって悪いことだと気付くにつれ、長くなっていくと思われる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook