Disrupt Europe 2014
crate

そしてTechCrunch Disruptヨーロッパ2014の勝者は・・・・・「Crate」

次の記事

謎の「ウェアラブル拡張現実」スタートアップ、Magic LeapがGoogleなど著名VCから5億4200万ドルを調達

ロンドンで初めて開催されたTechCrunch Disrupt での争いは熾烈を極めた。まず優れた企業15社が、複数グループの業界リーダーたちからなる審査員を前に発表を行った。スタートアップたちは賞金3万ポンドおよび、誰もがうらやむDisruptカップを目指して戦った。

数時間に及んだ検討の結果、TechCrunch編集者らは審査員のメモを覗き込み、4組のファイナリストへとリストを絞り込んだ。Crate.IODisease Diagnostic GroupOscadiのOscult、 そしてMicroBlinkのPhotoMathだ。この4チームは、大会のフィナーレを飾って、以下に挙げるファイナル審査パネルの前でデモを行った:Mat Braddy (Just Eat)、Sonali De Rycker (Accel Partners)、Brent Hoberman (PROfounders Capital)、Klaus Hommels (Lakestar)、およびMattias Ljungman (Atomico)。
そして、TechCrunch Disrupt Europe 2014バトルフィールドの勝者たちをここに紹介しよう。

最優秀賞:Crate.IO

Crate.IOは、ビッグデータ・バックエンドサービスを設定するサービスだ。使いやすいインターフェースで、分散データベースクラスターをすばやく構築できる。自分のサービスが動き始めた後は、通常のSQLクエリを使ってデータベースをアクセスできる。

プロジェクトはオープンソースだが、エンジニアの優先的相談受付やクラスター管理の支援などの付加サービスを有料にする考えだ。料金プランは月額1300ドル(1000ポンド)から。

本誌によるCrateの詳しい解説記事はこちら

次点:Disease Diagnostic Group

Disease Diagnostic Groupは、Rapid Assessment of Malaria (RAM)[高速マラリア評価]デバ イスを開発している。これは安価で効率が良く、ポータブルで正確なマラリア診断装置であり、途上国や遠隔地の人々に最適だ。

Disease Diagnostic Groupに関する本誌の詳しい記事はこちら

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook