日本の変な人たちプロフェッショナルが作るリアル・トランスフォーマー

次の記事

Q3の決算報告で損失が大きかったAmazon、株価が10%急落

日本からまたとんでもないものが登場してきた。普通に立ち上がって歩くかと思えば、車に変身して走ることもできる、すなわちトランスフォーマーロボットだ。名前を「ジェイダイト」という。このたびリリースされたものは全高1.3mだが、将来的にはフルサイズのトランスフォーマーロボットの製作を目指している。「変形し、合体してこそ、ロボット」の信念で取り組んでいるそうだ。

開発チームを率いるのはBrave Roboticsの石田賢司氏およびAsratecの吉崎航氏だ。トランスフォーマーの実現に向けたプロジェクトを2012年に開始し、このたびテーブルトップサイズのモデルを送り出した。最終的には全高5mとなるはずだが、とりあえず来年には2.5mモデルのリリースを計画している。

ロボット界を席巻するかもしれないこのトランスフォーマーにつき、興味のある人向けに若干のスペックを掲載しておこう。

ロボットモード時の全高およびビークルモードでの全長:1.3m
重量:35kg
バッテリ最大出力:3kw
稼働時間:1時間
座席数:2
搭載OS:V-Sido OS
動力:双葉電子工業株式会社製サーボモーター
最高歩行速度:1km/h
把持重量:0.1kg
最高走行速度:10km/h
最低地上高:40mm

歩行速度は人間の徒歩よりも遅く、走行速度も自転車に負ける。しかしこれはあくまでもスタートなのだ。きっとこのジェイダイトは、メガトロンはもちろんスタースクリームなどよりもずっと後の時代を担うものなのだろう(もちろん、オプティマス・プライムあるいはコンボイに乗って移動するのなら「後の時代」などという言葉も意味をもたないのかもしれないが)。いずれにせよ、ホンモノが登場してくることで、よくわからないトランスフォーマー的タイムラインが理解可能なものとなるのかもしれない。

via Simplebotics

原文へ

(翻訳:Maeda, H