ティム・クック:誇りをもって、自らゲイであることを認めたい

次の記事

日本のLineの2014Q3の売上は$192M、前年同期比で倍増…その稼ぎ方をFacebook/WhatsAppも見習うべき?

AppleのCEOであるティム・クック(Tim Cook)が、Businessweekに自ら執筆した記事の中で、自身がゲイであることを公表した。ゲイであることというのは、あくまでもプライベートなことだ。しかし自身のプライバシーを公表することで、自身の性向について悩んでいる人の助けとなったり、あるいは差別の撤廃に向けて資するところがあるのであればと考えて、今回の行動にいたったのだそうだ。

自らを活動家(activist)であるとは思いません。しかし私自身、多くの人の努力によって勇気づけられたりもしています。そうしたことを考えるうち、AppleのCEOがゲイであるということを耳にして、自分の心に素直になるきっかけを得る人もいるのではないかと考えたのです。あるいは自分自身を受け入れられずに悩んでいる人の助けになれるのかもしれないと考えたのです。さらには人々の平等意識に訴えかけることもできるのではないかとも思いました。そうした効果が望めるのであれば、プライベートを明かすことにもメリットがあるのではないかと判断したのです。

クックのセクシュアリティはあくまでも本人の問題であり、他の人間がどうこういうような話でもない。しかしメディアを通じて自ら公に発表するというのは、社会的公正ないし社会正義に関連した行動を行なってきたクックらしい行いであると評価することができるし、また、彼の勇気は素晴らしいものであると思う。

Businessweekに寄稿した全文はこちらで読むことができる。きっと、誰もに何かしら感じるところがあるのではなかろうか。

原文へ

(翻訳:Maeda, H

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。