re:Invent

Amazonがこれまでで最速のEC2インスタンスをローンチ、IntelがAmazon専用に作ったプロセッサを使用

次の記事

19ドルのSpark Photonでそこらのものを何でもWebにつなごう

Amazonが今日、計算処理速度がこれまでで最速のEC2インスタンスを発表した。そのc4と呼ばれるインスタンスは2.9GHzのHaswellプロセッサを使用し(Turboブーストで最大3.5GHz)、最大36の仮想CPUと最大60GBのRAMをサポートする。

IntelはHaswellプロセッサをAmazon専用として作った。そのためEC2に関するAmazonの要求を完全に満たすように、チューニングされている。さらにまた最大のc4インスタンスでは、デベロッパがプロセッサのパフォーマンスとパワーマネージメントP-stateとC-stateの制御により微調整できる。

Amazon Web Services Blog-1

Amazonは、この高速プロセッサがSSDによるElastic Block Storage(EBS)によく合っている、と特記している。EBSも今日、ややアップデートされ、たとえば最大データ容量16TBまでの汎用ボリュームを作れることになった(最大ベースラインIOPSが1万)。これまでの最大は1TBで3000IOPSだった。もっとIOPSを必要とするアプリケーションのためにAmazonは、スループットレベルをユーザが指定できるプロビジョンドIOPSでは最大2万までを提供する(従来は4000IOPS)。これによりデータ伝送レートは最大で汎用ボリュームでは160MBps、プロビジョンドIOPSでは320MBpsとなる。

DSC06151 DSC06148

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))