website builder
The Grid

人工知能が自動的にWebサイトを作ってくれるThe GridがシリーズAで$4.6Mを獲得

次の記事

Android 5.0、現在の普及率は0.1%以下

自分で自分をデザインする人工知能Webサイト(AI Websites That Design Themselves)”をスローガンとするThe Gridは、ユーザが提供するコンテンツを人工知能が判断して自動的に新たなサイトを作るWebサイトビルダーだ。同社は今年の初めに、ソフトウェア製品としては珍しく、クラウドファンディングキャンペーンで大成功したが、このほどさらに大きな資金調達に踏み切った。

同社の今日の発表によると、The GridはシリーズAで460万ドルのラウンドを、Jerry YangのAME Cloud Venturesのリードの下(もと)に終了した。そのほかの投資家は、Disney Interactiveの元社長John Pleasants、元Facebookのプロダクト担当VP Greg Badros、そしてElegant ThemesのファウンダNick Roachだ。RoachはThe Gridの310万ドルのシードラウンドをリードした。

Yangは今日の発表声明で次のように述べている: “The Gridのクラウド上の人工知能は、Web開発の定型的で時間のかかる部分を人間の手から取り去ることによって、Webデザインという仕事を抜本的に変えた。それによって今では、エレガントなWebサイトをわずかな時間とわずかな費用で作れるようになった。これからは、現代的なWebデザインを誰もができるようになるだろう”。

05-post-cards

The GridのCEOで協同ファウンダのDan Tocchiniが先月、同社のサービスの初期のビルドでデモを見せてくれた。それは、バックエンドのユーザインタフェイスがまだ荒削りだったりしたが、誰もがルックスの良いWebサイトを、テンプレートを使わずに作れる、という同社の約束は十分満たされているようだった。The Grid自身のホームページもその初期ビルドを使って作られているから、サンプルとして参考になるだろう。

2014-12-02_0828

同社のソフトウェアは、ユーザが自分のサイトに載せたいと思っているすべてのコンテンツを詳細に分析する。たとえば、写真の中の人物が笑っているかどうかを判定し、それに合わせたフォントや色を使う。また、写真の中のコントラストの浅い部分を見つけて、そこにテキストを置けるか検討する。同社独自の顔検出アルゴリズムを使って、写真の不要部分をトリミングする。ユーザが提供した画像全体の色調から、サイトが用いるカラーパレットを決定する。

現在のThe Gridのサービスは、対話性や参加性よりもむしろコンテンツを重視した企業サイトや作品提示サイト向けだ。ブログやニューズサイト向けに最適化されてはいないが、しかしTocchiniによると、Snow Fallのような効果も作り出せる、という。

The Gridの公式ローンチは2015年の春を予定している。チームは今、それに向かって鋭意努力しているが、それ以前に会員登録したユーザは一般公開後も月額8ドルの割引料金で利用できる。ローンチ後に登録したユーザは、月額25ドルになる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。