Google、カスタム地図の「マイマップ」をGoogleドライブに統合

次の記事

Hemingwriteは、Eインクとクラウドストレージのある現代版タイプライター


Googleのマイマップは、自分だけの経路や地点を書き込んだカスタムマップを作ることのできるツールだ。このほどこれがGoogle Driveに統合された。これは、新規ドキュメントやスプレッドシートを作るのと同じ感覚で、カスタムマップを作れという意味だ。

マイマップ機能をGoogleドライブの中に取り込むことは、Googleのクラウドベース生産性計画について何かを物語っている ― Office 365等のライバルに差をつけて、単に仕事をこなすだけではないユーザーのために、幅広い機能を持つ。

アップデートは来週にかけて全Googleドライブ利用者に展開され、ドライブからマップを作るだけでなく、カスタムマップをフォルダーに整理したり、他のファイル同様検索したりできる他、他のユーザーとの共有も簡単になる。マイマップツール自身に改善が加えられ、カスタムマップにレイヤーや関心スポットを付加できるようになった。

マイマップは、現代のコンピュータ利用者にとって、ワープロやプレゼンソフトと同じく関連の深いものなので、Googleがそれを認識して、他のツールとまとめて扱うようになったことは実に喜ばしい。果たしてこれでマイマップがメジャーになれるかどうか注目したい ― 私は未だに友達や親戚のヨーロッパ旅行のマイマップを受け取ったことがないが、これからはもっと多くの潜在ユーザーの意識に上るようになるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook