スタートアップ御用達のコーヒーメーカー、キューリグが700万台リコール―火傷のおそれあり

次の記事

右往左往の挙句、ソニーはThe Interviewをクリスマスに一部劇場で公開する

keurig

Keurigは大量のプラスティック廃棄物と少量のコーヒーを産み出す器具のメーカーだ。さらに自社が販売する専用フィルターを使わせようと一種のDRMを考案したが、即座にハックされてしまったことでも知られる。

さてそのKeurigが700万台にも上るコーヒーメーカーをリコールしている。一部のマシンが消費者を火傷させているからだという。このコーヒーマシンはほとんどすべてのスタートアップ・オフィスの標準備品だ。実はTechCrunchにも1台ある。

米国消費者製品安全委員会によれば、 欠陥マシンの場合、「過熱して熱湯が噴出し、消費者を火傷させるおそれがある」ということだ。

Keurigにはこれまでに約200件の「熱湯が噴出した」という報告が寄せられており、そのうちの半数が火傷に結びついたという。

問題のマシンはKeurig MINI Plusコーヒーマシンで、2009年以来製造販売されている。外観は下の写真のとおり。

the machine

Keurigのコーヒーマシンが身近にある読者はこちらでリコール対象製品かどうかチェックできる

画像:m01229/Flickr UNDER A CC BY 2.0 LICENSE

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+