ces 2015
Hardware Battlefield
looksee

Eインクを使ったスマートブレスレット、LookSeeのデザインは無限

次の記事

Kickstarterの2014年の成績: 資金提供申し出総額$529Mが330万人から、目標到達プロジェクトは22000件

ファッションとITはありそうにない組み合わせだが、ここ数年実にうまく融合しているように思える。LookSeeは、Eインクを使ったスマートブレスレットで、デザインを自由にカスタマイズできる。

LookSeeは、LookSeeアプリとBluetooth経由でつながり、ユーザーは数百枚の組み合み写真やパターン、あるいは自分の写真を選ぶことができる。複数の写真がブレスレットの上で次々と表示される。Eインクを使っているのでバッテリーは節約できるが、モノクロ(グレースケール)表示のみだ。ファウンダーらによると、LookSeeは一回の充電で1年間使えるそうだ。

ブレスレットのデザインをいつでも変えられるという特徴の他に、ユーザーはブレスレットで通知を受け取ったり、様々な文字盤の時計を表示したりできる。

人はその日のムードを正しく表現するために何万種類ものアクセサリーを買う必要はない、というアイデアに基づいている。LookSeeなら、1つのブレスレットで無限のデザインを楽しめる。浮かない気分の時には、ガイコツとクロスした骨。ロマンチックな気分なら、ハートとバラはいかが。

LookSeeの詳細はここで見られる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook