次世代MacBook Airは12インチ、エッジ・ツー・エッジ・キーボード、USB-Cコネクタ装備か

次の記事

スキルなしの射手を名スナイパーにするTrackingPointスマートライフル実射レポート

しばらく前からApple MacBook Airの12インチ新モデルが登場するという噂が流れているが、Apple情報に関して一貫して正確なサイト9to5MacのMark Gurmanが非常に具体的な情報を伝えている。それによれば、12インチMacBook Airのリリース時期は、ごく近々か、おそくても2015年半ば以前で、厚さや入出力ポートなどを含め、全体にぎりぎりまで削ぎ落とされた新しいデザインだという。

12モデルは現行11インチモデルの半分の厚さで、端のもっとも薄い部分からもっとも厚い部分へのテーパーは現行モデルに比べてずっとゆるやかだという。画面が大きくなったにもかかわらず占有面積は11インチモデルとほぼ同様。これはエッジ・ツー・エッジデザインのキーボードを採用したおかげだ。また画面周囲のベゼルも現行モデルに比べて細くなっている。

Appleは大胆にも、この新モデルではほとんどすべての入出力ポートを廃止した。残されたのは3.5mmオーディオジャックとUSB-Cコネクター1基だけだ。USB-CはLightningと同様、リバーシブルで裏表なしに挿し込める。また高精細度ビデオの入出力と電力供給ができる。したがって新しいMacBook Airは単一ポートにもかかわらず、これまでよりも多様な機器の接続が可能になる。

もし上記のような記事内容が正しければ(実際、TechCrunchが確認できた限りでは、現時点の開発状態を正確に伝えていると考えてよいようだ)、Appleは、ユーザーがもっとも重視するのが携帯性とミニマルなデザインだと考え、それに賭けているようだ。現在ではI/Oポートはワイヤレス接続で十分に代替できる。もちろん実機をテストするまではっきりした評価はできないが、USB-Cコネクタの能力が評判どおりなら私も入出力ポート数の少ないことには問題を感じない。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在348人フォロワーがいます。