2014年のモバイル・アプリのトレンド、トップ9(App Annie調べ) 

次の記事

クラウドファンディングで製品ができない大失敗から学んだLockitronが力を抜いた第二打席に賭ける

今日(米国時間1/28)、モバイル・アプリの調査ビジネスのリーダー、App Annie2014年の年間レポートを発表した。このレポートには昨年のモバイル・アプリのトレンドがまとめられている。またメッセージ、ビデオ・ストリーミング、「共有経済」などカテゴリー別、アップストア別、地域別のモバイル・アプリの動向も分析されている。

このレポートの基礎となるデータは、ほとんどすべてのトップアプリを含む70万種類のアプリをモニターするApp Annie自身のプラットフォームから得たものだ。App Annieのモニター・サービスを利用する顧客にはEA、Google、LinkedIn、Microsoft、Line、Samsung、Tencent、Universal Studiosを始め、多数のビッグネームが含まれている。App Annieはこれまでに830億ダウンロード(売上にして250億ドル)をモニターしており、モバイル・ビジネスの動向について最大の情報源の一つとなっている。

今回のレポート全文にはiTunes App StoreとGoogle Playの双方について、パブリッシャー別、地域別、カテゴリー別の詳細なトップ・アプリのリストが含まれている。

詳細データの分析に関してはそれぞれの読者の関心に任せることにするが、昨年アメリカでFacebookが目覚ましい成功を収めていることは指摘しておきたい。2014年のiOS とGoogle Playのダウンロードで、Facebookはトップ10アプリのうち4つを占めている。Facebook Messengerが1位、Facebookアプリが2位、Instagramが3位、WhatsAppが10位だった。

App Annieの分析による2014年のトレンドは以下のとおり。

1. 世界のダウンロード数でGoogle PlayはiOSに対するリードを拡大

2014年にGoogle PlayはApp Storeを60%近く上回るダウンロード数を記録している。逆にApp Storeの売上はGoogle Playより70%も多い。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.11.49 AM

Screen Shot 2015-01-28 at 11.11.57 AM

2. アメリカ、韓国、日本が世界のアプリ市場の売上の半数以上を占める

しかしApp Annieは中国に代表されるBRIC諸国が2015年には台頭するだろうと予測している。たとえばBrazilは2014年にGoogle Playのダウンロード数でアメリカに次いで2位、App Storeの売上で中国がアメリカ、日本に次いで3位を占めていた。2014年にBRIC諸国全体の売上は120%増加した。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.16.06 AM

3. メッセージ・アプリの急成長―App Store、Googleを通じてメッセージ・アプリのトップ10は対前年比53%成長

Screen Shot 2015-01-28 at 11.19.01 AM

4. 旅行や交通などの「共有経済(Sharing economy)」アプリも急成長―旅行、交通のトップ10アプリは対前年比30%成長

ここにはLyft、Uber、Airbnbなどが含まれる。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.21.11 AM

5. モバイル・ビデオ・ストリーミング・アプリのダウンロード数は対前年比44%増加

App Annieによればこれにはいくつかの要因があるという。中国で高速インターネット接続が普及したこと、Netflixがヨーロッパで地元のコンテツを拡充したこと、世界的に高精細度大画面テレビの普及が進んだこと、全米ネットワーク局がコンテンツのアンバンドリングを進めたこと、MLB.com At Bat、NFL Game Pass、BoxNationなどのスポーツ・アプリがサードパーティーへの制限なしに配信を行ったことなどが挙げられている。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.24.45 AM

6. ハリウッドがモバイル・ゲーム市場に参入して成功

映画やテレビ番組をベースとしたゲームも急成長した。たとえばDespicable Me〔怪盗グルーの月泥棒〕がリリース後1年6ヶ月も経った先月でもトップ10入りしていた。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.26.19 AM

7. ソーシャル・ネットワーク、写真、ビデオ・ストリーミングのユーザーは女性優位

アプリのユーザー属性はカテゴリーごとに異なる。ゲームはやや男性が多い。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.28.37 AM

8. 「スーパー・カジュアル・ゲーム」が大人気

Flappy Birdの爆発的な成功をきっかけに、タップを繰り返すだけのシンプルな小型カジュアル・ゲーム、いわば「フラッピーゲーム」がブームとなった。2014年のゲーム・カテゴリーでは12ヶ月のうち10ヶ月でこうした「スーパー・カジュアル・ゲーム」がダウンロード数の1位または2位を占めた。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.31.02 AM

9. ローカル化の進展で音楽アプリが成長

SpotifyとShazamはアメリカと西欧で強い。TencentのQQ Musicは中国で、Palco MP3はブラジルでそれぞれ1位となっている。

Screen Shot 2015-01-28 at 11.32.45 AM

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在368人フォロワーがいます。