Apple、iOSアプリとゲームの最大サイズを4GBと一挙に2倍に拡張

次の記事

Facebookで写真を勝手に削除できる致命的バグ発見(修整済)―バックアップをお忘れなく

apps

時代は変わる―ストレージの単価は下がり、帯域幅は広がる。アプリのサイズは大きくなる。

App Storeのローンチ以来初めてAppleは登録アプリとゲームのサイズの最大値を増加させた。

2008年kらずっとApps Storeの上限サイズは2GBだった。それより大きいアプリはiTunes Connectというデベロッパー・ツールで自動的にアップロードを拒否されるようになっていた。

しかし今日(米国時間2/12)、上限が4GBと一挙に2倍になった。

どういう理由かわからないが、Appleは依然として16GBのiPhoneを売っている。iOSが3-4GBを占めるとして、4GBのアプリなら最大3本しかインストールできないだろう。いやはや。

もうひとつの注意点だが、WiFiではなく携帯電話網を通じてアプリをダウンロードする場合の上限は100MBのままで変わらない。

もちろん、ほとんどのアプリは4GBものサイズを必要としない。FacebookやInstagramなどの多機能アプリでも数百MBがいいところだ。

しかしゲームとなると話は別だ。強力なCPUと大容量メモリのおかげで最新世代のiPhone/iPadはハイレゾのアニメーションや高度なBGMを処理できるようになった。そしてこうしたファイルは猛烈に場所を食う。

ゲーム・デベロッパーは、インストール後にリソースファイルをダウンロードさせるなど2GBの制限を回避しようとして苦労していたが、今後はそういう必要がなくなるだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+