シリコンバレー御用達のPhilzコーヒー、1500万ドルを調達して全国展開へ

次の記事

Amazon、P. K. ディックの傑作SF『高い城の男』のテレビシリーズ化を正式決定


多くのコーヒーショップが自分たちは〈単なる〉コーヒーショップではないと言いたがる。しかし、実際そう言えるのがPhilz Coffeeだ。

Philzは、今やその生地サンフランシスコ・ベイエリアで一種の名物となり、IT業界の多くの製品や提携が、この店の強めのコーヒーを挟んで誕生している。Product Huntのファウンダー、Ryan Hooverによると、サンフランシスコ・シビックセンター付近のPhilzは、彼が会社を立ち上げていた頃の事実上のオフィスだった(そして今も毎日何杯かPhilzを飲んでいる)。Startup GrindカンファレンスにはPhilzが常に待機していて、舞台裏ではPhilzのバリスタが登壇者のためにカスタムメイドの一杯を作る。PhilzはFacebookのメンロパーク本社にまであり、Mark Zuckerbergがリクエストしたと言われている。

このたびPhilzは、その体験をベイエリアのはるか以遠へと拡大すべく、豊富な資金を手にした。Philzは新たに1500万ドルのラウンドを完了したことをTechCrunchに伝えた。

同社のシリーズBとなるこのラウンドは、Summit Partnersのリードで行われ、これでPhilzの調達総額は3000万ドルを超えた。同ラウンドには、他にも華々しい顔ぶれのエンジェル投資家が参加した ― Cowboy Ventures、Crunchfund(情報開示:設立したのはTechCrunchファウンダーのMichael Arrington)、Yahooの会長 Maynard Webb、Facebookの幹部 Mike Schroepfer、元AppleおよびJ.C. Penneyの幹部 Ron Johnson、俳優のジョナ・ヒル、ローレンス・ベンダー、およびジェイミー・ケネディー、ラッパー兼投資家のスヌープ・ドッグらだ。

今週のインタビューで、ファウンダー Phil Jaberの息子で27歳のCEO、Jacob Jaberは本誌に、新たな資金の一部は会社の地理的拡大に使うと語った。Philzは現在サンフランシスコ・ベイエリアの18店舗の他ロサンゼルスにも支店を持つが、州外への進出を計画しており、2015年末までには全米の10箇所以上に開店する予定だ。

Philzにとってその種の拡張は、新しい店を作るだけの話だ。Philzの描く大きな部分は、そのユニークな体験にある。コーヒーは一杯ずつバリスタが手でいれ、客の好みに合わせてミルクや砂糖を加えると、「一口飲んでみて、完璧かどうか教えてください」と言いながらカップを手渡す。Philzのコーヒーは決して最も安くも速くもないが、最も親しみがあり、最もパーソナライズされている。この手のものをスケーリングすることは、ただ山ほど新しい不動産を見つけるのとは訳が違う。

Jaberは挑戦意欲満々だ ― そして多くのIT企業と同じく、成功する成長の鍵は従業員の幸せと自信にあると考えている。「私たちは何か特別なものを持っていると感じています。そしてこの体験をもっと多くの人たちに質を落とすことなく広めたいのです」とJaberは言った。「私はこれを、『スケーラビリティー』ではなく『シェアラビリティー』と呼んでいます。それをやる方法は、会社で最も重要なのはカウンターの後にいる人々と、各店舗を任された店長であると認識することです。私たちは彼らに大きな投資を行い、当事者意識を持つカルチャーを作っています」

その同じ流れで、Philzはビジネスメソッドを確立しており、Jaberが「Philz University」と呼ぶ新入社員やマネージャーのための教育と開発のための集中コースも持っている。「他人であるお客様の日々を良くしたければ、私たち自身が個人として良くなる必要があります。内側も外側もハッピーでなければなりません」とJaberは言う。「スタッフの多くが若く、20代か30代です。私たちは、それらの人たちがここで働いている時もその先も、人生をより充実させる手助けするチャンスを持っています。私たちは長い目でこれを考えています」。

コーヒーショップとしてはやや熱が入り過ぎていると感じるかもしれないが、会社はGoogleの新入社員向け “Noogler” プログラム等、IT業界の慣習にも耳を傾けている。おそらく将来は、元Philzスタッフであることによって、FacebookやGoogleやAppleの出身者がIT業界でしてきたのと同じように、小売や飲食サービス業界におけるある種の専門知識を伝達するようになるかもしれない。

間違いなく、Philz Coffeeには大きな野望があり、今それに見合った大きな資金を得た。何ヶ月か先、シリコンバレー以外の地で成長する姿を見るのが楽しみだ。

そして、通常私は企業が作ったビデオを貼るのは好きではないのだが、これはシェアする価値がある。そこではPhilzの黎明期がファウンダーのPhil Jaberによって語られていると共に、店の特徴である北カリフォルニアの雰囲気が醸しだされている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook